格安SIMのiPhone価格を比較!機種ごとに最安値はどこだ?

iPhone,ワイモバイル,UQモバイル,楽天モバイル,格安スマホ/MVNO

格安SIMのiPhone価格を比較!機種ごとに最安値はどこだ?

格安SIMは毎月のスマホ代を大幅に抑えられるため、今や家計の節約に欠かせないサービスとなりました。

しかし、サービスの数や通信会社が多すぎて「どれを選べばいいのかわからない」「どのサービスも大体同じに見えてしまう」と思う人が多いのではないでしょうか?

そんなときに決め手になるのは、iPhoneの本体価格です。iPhoneは格安SIMごとに取扱機種や価格が異なるので、少しでもお得に購入したいですよね!

そこで当記事では、iPhoneの主要な機種ごとに販売価格を調査し、最安値で購入できる格安SIMについて解説をしました。

場合によっては数万円以上も金額が違うケースがあるので、損をしないように機種代金が安い格安SIMを選んでくださいね!

先生

楽天モバイル・UQモバイル・Yモバイルは厳密に格安SIMではありませんが、同等の料金なのでこの記事では「格安SIM」として合わせて紹介しています。

格安SIMで販売中のiPhoneを比較!

早速、主要な格安SIMのiPhone価格を比較していきます。まずは各社の取扱状況を整理しましょう。

主要格安SIMのiPhone取扱状況
  • ワイモバイル
    • 新品:iPhone12・12mini/iPhoneSE(第3世代)/iPhone SE(第2世代)/iPhone11
      ※iPhone12mini、iPhone SE(第2世代)、iPhone11はオンラインストアには在庫なし
    • 認定中古品:iPhone11/iPhoneXR/iPhone8
      ※オンラインストアのみ取り扱い
  • UQモバイル
    • 新品:iPhone12・12mini/iPhoneSE(第3世代)/iPhone11
      ※iPhone12mini、iPhone11はオンラインストアには在庫なし
    • 認定中古品:iPhoneSE(第2世代)
  • 楽天モバイル:iPhone14シリーズ/iPhone13シリーズ/iPhone12/iPhoneSE(第3世代)
  • OCNモバイルONE:iPhone13・13mini/iPhone12・12mini/iPhoneSE(第2・第3世代)
  • mineo:iPhone13/iPhone12・12mini/iPhoneSE(第2世代)
  • IIJmio:中古・未使用品のみ取扱(在庫は状況次第)
  • イオンモバイル:iPhoneSE(第3世代)/iPhoneXS
    ※いずれも未使用品
  • LIBMO:iPhoneSE(第3世代)
  • BIGLOBEモバイル:取扱なし
  • 日本通信SIM:取扱なし
    ※取扱状況は2022年12月現在

取扱機種がもっとも多いのは楽天モバイル。最新のiPhone14シリーズからリーズナブルなiPhoneSE(第3世代)まで多くの機種を取り揃えています。

Proシリーズを購入できるのも楽天モバイルだけなので、最新iPhoneやProシリーズを購入したいなら楽天モバイル一択と言えるでしょう。

一方、「iPhone13」や「iPhone12」「iPhoneSE(第3世代)」は多くの格安SIMが販売しています。これらの機種は通信会社によって販売価格が異なるため、契約前にしっかりと比較検討をしてくださいね。

iPhoneSE(第3世代)は楽天モバイルとIIJmioが安い

出典:Apple(https://www.apple.com/jp/iphone-se/)

iPhoneSE(第3世代)の販売価格を比較したとき、最安値で購入できるのは楽天モバイルです。

格安SIM64GB128GB256GB
ワイモバイル
※MNP価格。プランにより異なる
51,840円~59,760円~77,760円~
UQモバイル
※MNP価格。プランやオプション加入有無により異なる
48,935円~60,190円~81,415円~
楽天モバイル
※はじめて申込の場合
実質43,800円実質50,800円実質65,800円
OCNモバイルONE
※MNP価格
48,950円58,630円75,570円
mineo取扱なし取扱なし取扱なし
LIBMO52,800円取扱なし取扱なし
イオンモバイル54,780円取扱なし取扱なし
IIJmio
※MNP価格
38,800円
※未使用品
取扱なし取扱なし
Apple直接購入62,800円69,800円84,800円
価格と取扱状況は2023年1月時点の各社オンラインショップに基づく

楽天モバイルは、はじめての申込なら64GBモデルが実質43,800円と破格の安さで購入できます。

128GB・256GBモデルでも最安値を実現しており、iPhoneSE(第3世代)を購入するならまず楽天モバイルの契約を検討しましょう。

楽天モバイルを利用したくなった人は!

Rakuten最強プランはデータ無制限で月額3,278円!
最大32,000円相当トクになるキャンペーン開催中!

↑目次へ戻る

IIJmioは未使用品ではあるものの、64GBモデルが38,880円(MNP価格)。楽天モバイルよりも安い価格でiPhoneSE(第3世代)を販売しています。

IIJmioの未使用品とは?
  • 販売元で動作チェックや初期化が行われた製品
  • 中古商品とは違い一般ユーザーには流通していないため、傷や汚れがない
  • 新品ではないため保証期間が短い可能性がある

未使用品のため新品よりも購入リスクは高いですが、神経質でない人ならIIJmioも検討すると良いでしょう。

IIJmioを利用したくなった人は!

IIJmioはサブ回線としての利用にもおすすめ!
サマーキャンペーン開催中!2024年9月2日まで

↑目次へ戻る

iPhone13を最安値で買える格安SIMは楽天モバイル

iPhone13
出典:Apple(https://www.apple.com/jp/iphone-se/)

2021年発売のiPhone13は、楽天モバイルが最安値で販売をしています。

格安SIM128GB256GB512GB
ワイモバイル取扱なし取扱なし取扱なし
UQモバイル取扱なし取扱なし取扱なし
楽天モバイル
※はじめて申込の場合
実質89,900円実質104,900円実質134,910円
OCNモバイルONE
※MNP価格
98,010円取扱なし取扱なし
mineo117,480円132,792円163,944円
LIBMO取扱なし取扱なし取扱なし
IIJmio
※MNP価格
98,800円取扱なし取扱なし
Apple直接購入107,800円122,800円152,800円
価格と取扱状況は2023年1月時点の各社オンラインショップに基づく

楽天モバイルは、はじめての申込なら128GBモデルが実質89,900円。Apple直販より約18,000円も安く購入できるので、iPhone13の購入費用を抑えたい人にはぴったりです!

一方で、mineoはApple価格より高額なため全くおすすめできません。仮にmineoを契約する場合でもiPhone13をセット購入すると損なので、本体はAppleで購入してSIMのみ契約をしましょう。

先生

ワイモバイルとUQモバイルでは現状販売されていませんが、今後ラインナップに加わるかもしれませんね。

楽天モバイルを利用したくなった人は!

Rakuten最強プランはデータ無制限で月額3,278円!
最大32,000円相当トクになるキャンペーン開催中!

iPhone12を最安値で買える格安SIMはIIJmio

iPhone12
出典:Apple(https://www.apple.com/jp/iphone-se/)

iPhone12を最安値で買える格安SIMはIIJmioです。

格安SIM64GB128GB256GB
Yモバイル
※MNP価格。プランにより異なる
90,000円~97,920円~117,360円~
UQモバイル
※MNP価格。プランやオプション加入有無により異なる
89,855円~96,420円~取扱なし
楽天モバイル
※はじめて申込の場合
実質74,900円実質81,900円実質96,900円
OCNモバイルONE
※MNP価格
75,790円81,510円93,610円
mineo92,136円取扱なし取扱なし
IIJmio
※MNP価格
65,800円73,800円取扱なし
価格と取扱状況は2023年1月時点の各社オンラインショップに基づく

iPhone12は2020年に発売された2世代前のモデルですが、まだまだ現役で使える上に販売価格が下がっており非常に狙い目です。

3Dゲームもサクサク動作する高性能CPUや有機ELを採用した全画面ディスプレイを搭載しており、非常にコスパが高い機種と言えるでしょう。

そんなiPhone12を最安値で購入できるIIJmioは、2021年に打ち出した「ギガプラン」が好調。月間2GBの音声SIMが月額850円で使えるので、安くiPhone12が買えてランニングコストも抑えられます。

そのため、安くiPhoneを手に入れて毎月のスマホ代も抑えたいなら「iPhone12+IIJmio」がおすすめですよ。

先生

IIJmioは月額料金も最安値クラスで、おすすめの格安SIMです。

IIJmioを利用したくなった人は!

IIJmioはサブ回線としての利用にもおすすめ!
サマーキャンペーン開催中!2024年9月2日まで

↑目次へ戻る

まとめ|格安SIMでiPhoneを使うなら本体代金も比較しよう

当記事では、主要な格安SIMが販売しているiPhoneの価格を比較しました。結論、人気3機種の最安値は以下のとおりです。

  • iPhoneSE(第3世代):新品は楽天モバイルが最安値、未使用品も含めるとIIJmioが最安値
  • iPhone13:楽天モバイルが最安値
  • iPhone12:IIJmioが最安値

iPhoneはさまざまな通信会社がセット販売をしていますが、お得に買える格安SIMもあれば割高な格安SIMも存在します。

そのため、格安SIMを選ぶときには月額料金だけでなく、機種代金までしっかりと比較を行いましょう。

楽天モバイルとIIJmioはiPhoneの本体代金が安い上、ランニングコストの安さにも定評があります。まさにiPhoneを使うならぴったりの格安SIMです。

当記事を参考に、少しでも安くお気に入りのiPhoneを手に入れてくださいね!

楽天モバイルを利用したくなった人は!

Rakuten最強プランはデータ無制限で月額3,278円!
最大32,000円相当トクになるキャンペーン開催中!

IIJmioを利用したくなった人は!

IIJmioはサブ回線としての利用にもおすすめ!
サマーキャンペーン開催中!2024年9月2日まで

↑目次へ戻る

おすすめの関連記事
楽天モバイル「Rakuten最強プラン」徹底解説。料金・特徴や楽天アンリミットVIIとの違いは?IIJmioの「ギガプラン」徹底解説!音声eSIMも利用可能に。基本料金や新プランへの変更方法とは?iPhoneを安く買う方法とは?公式・キャリア・量販店どこが安い?