海外のスマホ設定を徹底解説!レンタルWiFiよりキャリアの海外サービスがおすすめ

ドコモ,設定方法,au,ソフトバンク,ワイモバイル,UQモバイルahamo(アハモ),LINEMO(ラインモ)

海外のスマホ設定を徹底解説!レンタルWiFiよりキャリアの海外サービスがおすすめ

海外旅行や出張のとき、スマホの設定はとても重要です。「高額請求にならないかな?」「海外でどうやって使うのがいいの?」とお悩みの人も多いはず。

そこで、当記事では海外でのスマホの設定について詳しく解説をしました!キャリアごとに使える海外用プランの紹介や、空港でレンタルできるポケット型Wi-Fiとの比較もしています。

一見難しそうに見える海外のスマホ設定ですが、事前に準備をすれば格安で便利に使えますよ。

海外でスマホはどう設定するべきか?

まず、そもそも「海外でスマホはどう設定するべきか?」という点を解説します。

海外におけるスマホの設定は主に2つ。「スマホ単独でデータ通信ができる」もしくは「WiFiがある場所のみデータ通信ができる」のどちらかです。

スマホ単独でデータ通信ができるように設定しておけば、海外でも日本国内とほぼ同様にスマホが使えます。

国や施設によっては無料で使えるフリーWiFiが充実しているので、滞在プランに応じてスマホをどういった状態にしておくかを決めてくださいね。

スマホを海外で使う設定は「国際ローミング」のオン/オフ

スマホを海外で使えるようにする設定は、「国際ローミング機能」のオン/オフです。

オンなら海外でも通信ができる状態になり、オフなら通信ができません。

国際ローミングの設定方法
  • Android:「設定」→「ネットワークとインターネット」→「モバイルネットワーク」→「データローミング」
  • iPhone:「設定」→「モバイル通信」→「通信のオプション」→「データローミング」
データローミング設定方法
Androidの場合
出典:ドコモ(https://www.docomo.ne.jp/service/world/roaming/check/dataroaming/)
データローミング設定方法
iPhoneの場合
出典:ドコモ(https://www.docomo.ne.jp/service/world/roaming/check/dataroaming/)

「スマホの海外設定」と聞くと難しく思えるかもしれませんが、スマホ側の設定はこれだけなのでとても簡単です。

ただし、高額請求を防いだり便利に使うためにはスマホの設定以外にも重要な要素が多くあります。

「そもそもスマホを単独で通信できるようにするか?」という点も含めて渡航前にしっかりと事前準備をしておきましょう。

先生

なお、WiFiは「国際ローミング」のオン・オフに関わらず使えます。WiFiしか使わないならローミングをオフにしておきましょう!

ホテルから外出するならデータ通信環境は必須

滞在プランの中でホテルから外出する機会が多いなら、スマホ単独でデータ通信ができる環境が必須です。

外では基本的にWiFiが使えません。スマホ単独で通信ができれば、観光スポットを気軽に調べたり地図を見たりと便利にスマホを活用できますよ。

一方で、リゾートホテルやオフィスなどWiFiがある施設内にしか滞在しないのであれば、スマホ単独のデータ通信環境はいりません。

このように、ご自身の滞在プランに応じて必要な通信環境が変わります。外出が多いならば、スマホ単独でデータ通信ができるようにしておきましょう。

先生

スマホ単独でデータ通信をする場合、料金や設定は通信キャリアごとに変わります。後述していますので、合わせてご覧ください。

事前にスマホを設定すれば海外でも高額な請求にならない

「海外でスマホを使うと高額請求が怖い」という話はよく聞きますが、実際にはしっかりと事前設定さえしておけば心配無用です。

たとえばドコモが提供する「パケットパック海外オプション」なら、定額料金(1日1,000円以下)を支払うことで日本国内と同様に海外でも通信ができます。

国内で契約しているプランのデータ量をそのまま海外で使えるので、使いすぎによる速度制限の心配もありません。(一部契約では30GB超過時に速度制限がかかります)

海外で高額請求が発生するのは、こういった各キャリアが提供する海外向けサービスを利用しなかった場合に限られます。キャリアごとに使える海外向けサービスも後述していますので、合わせてご覧くださいね。

ポケット型Wi-Fiよりスマホキャリアの海外サービスがおすすめ

空港でレンタルできるポケット型Wi-Fiは、海外でスマホを使う場合によくおすすめされるサービスです。

しかし、近年では通信キャリア各社の海外サービスが充実していることから利用価値がやや少なくなってきています。

ポケット型Wi-Fiで人気の「グローバルWiFi」と、ドコモの「パケットパック海外オプション」を比較してみましょう。

ポケット型Wi-Fi
(グローバルWiFi)
ドコモ
(パケットパック海外オプション)
データ使用量600MB/日
1.1GB/日
無制限
国内と同様
1日あたり料金1,270円(600MB)
1,470円(1.1GB)
2,170円(無制限)
980円
手数料550円0円
必要な機器ポケット型Wi-Fi本体
充電器
なし
受け渡し方法空港カウンター
事前宅配
なし
複数台接続可(テザリング)
アメリカ本土で4G利用の場合

ドコモの方が料金が安い上、機材受け渡し・持ち運びの手間もかかりません。

今回はドコモのサービスで比較をしましたが、auの「世界データ定額」やソフトバンクの「海外あんしん定額」でも同じような結果になります。

海外でレンタルポケット型Wi-Fiを検討する場合、損をしないためにもキャリア提供の海外サービスと比較をした上で利用してくださいね。

先生

キャリアの海外サービスは最近大幅に改善され、安くて便利になりました!

ここまでのまとめ
  • ホテルから外出することが多いなら、スマホ単独で通信できるようにしよう
  • リゾート施設など、WiFiがある場所にだけ滞在するなら「国際ローミング」をオフに
  • レンタルWiFiよりキャリアの海外サービスがおすすめ
  • 高額請求を防ぐにはキャリアの海外サービスを活用しよう

キャリア別!スマホを海外で使うために必要なサービスと設定

次に、各キャリアで用意されているスマホの海外サービスを解説します。

前述の「国際ローミング設定」に加え、スマホ単独で通信をするためにはキャリアごとの海外サービスを利用しましょう。

海外サービスの利用には申込が必要なので、出国前に必ず準備をしてくださいね。

ドコモならパケットパック海外オプションが割安

パケットパック海外オプション
出典:ドコモ(https://www.docomo.ne.jp/service/world/roaming/ppko/)

「パケットパック海外オプション」は、ドコモが提供する海外サービスです。

一定額の利用料金を支払うだけで、日本国内で使っている時と同じように海外でもデータ通信ができますよ。

項目詳細
料金・1時間:200円
・24時間:980円
・3日間:2,480円
・5日間:3,980円
・7日間:5,280円
データ量契約中プランと同じ
申込方法WEB/電話/ドコモショップ
利用手順専用アプリから利用開始
※利用開始設定は渡航先で操作
パケットパック海外オプションの概要

利用料金も1日あたり1,000円未満と安価なので、ドコモ契約者が海外でスマホを使うならパケットパック海外オプションがおすすめです!

ドコモを利用したくなった人は!

ドコモの契約は事務手数料(3,850円)がかからないオンラインショップがオススメです!

↑目次へ戻る

ahamoは追加料金不要!海外で使うなら最もおすすめ

ドコモのオンライン専用プラン「ahamo」は、海外のデータ通信に追加料金や申込が不要です。

もちろんデータ量は基本プランから消費されるので、国内にいるときとほぼ同じ状況で使えますよ。

ahamoは20GB 2,980円と基本料金も格安なので、頻繁に海外へ行く人はahamoへ乗り換えを検討してみても良いでしょう。

ahamoを利用したくなった人は!

ahamoは店頭では申込ができないオンライン限定プラン!
20GB月額2,970円~。大盛りオプションで100GBまで!

↑目次へ戻る

au・UQモバイルなら世界データ定額がおすすめ

世界データ定額
出典:au(https://www.au.com/mobile/service/global/au-world-service/sekai-data/)

世界データ定額は、auとUQモバイルで使える海外サービスです。

ドコモのパケットパック海外オプションと同様、定額料金を支払うことで国内と同様に通信ができるようになります。

項目詳細
料金24時間:980円
※日本国内で事前予約をすれば490円or690円(国により異なる)
データ量契約中プランと同じ
申込方法不要
利用手順専用アプリから利用開始
・国内で事前予約可能(割引あり)
・予約なしの場合でも海外で操作可能(割引なし)
世界データ定額の概要

ポイントはUQモバイルでも使える点。格安SIMは海外データ通信ができないキャリアが多いですが、UQモバイルなら世界データ定額があります。

毎月の通信費を抑えつつ海外でもスムーズに利用できるので、UQモバイルはとてもおすすめな格安SIMです。

auを利用したくなった人は!

au Online Shopならau Online Shop お得割で機種代金が最大22,000円割引に!

UQモバイルを利用したくなった人は!

auPAY残高還元で最大10,000円相当チャージのキャンペーン開催中!
スマホとセット購入の場合最大22,000円割引!

↑目次へ戻る

povo2.0は海外非対応

auのオンライン専用プラン「povo2.0」は海外サービスが利用できず、前述の世界データ定額も対応していません。

そのため、ポケット型Wi-Fiのレンタルや他のSIMサービスを使う必要があります。

なお、povo1.0は世界データ定額に対応しています。バージョンによって異なる点に注意をしましょう。

ソフトバンク・ワイモバイル・LINEMOは「海外あんしん定額」

海外あんしん定額
出典:ソフトバンク(https://www.softbank.jp/mobile/service/global/overseas/anshin-flat-late/)

「海外あんしん定額」は、ソフトバンク・ワイモバイル・LINEMOで使えるスマホの海外サービスです。

項目詳細
料金・24時間:980円
・72時間:2,940円
データ量・24時間プラン:1GB → 3GB
・72時間プラン:3GB → 9GB
※2023年7月12日の利用開始分までデータ増量
申込方法WEB/電話/ソフトバンクショップ
利用手順渡航先で届くSMSから利用開始
海外あんしん定額の概要

ドコモとauの海外サービスと異なる点は、利用可能データが1日3GBと定められている点。3GBを超えると通信速度が128kbpsに制限されるので、使いすぎに注意が必要です。

国内プランのデータは消費しない点はメリットですが、多くのデータを使いたい場合にはやや不便かもしれません。

ソフトバンクを利用したくなった人は!

ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料!
他社からの乗り換えならオンラインショップ割で機種代金割引に!

ワイモバイルを利用したくなった人は!

ワイモバ10周年大感謝祭開催中!ワイモバイルオンラインストアは事務手数料無料!

LINEMO(ラインモ)を利用したくなった人は!

3GB月額990円~。LINEのトークや通話はLINEギガフリーでデータ使い放題!
LINEMOは店頭では申込ができないオンライン限定プラン!

↑目次へ戻る

渡航先がアメリカなら「アメリカ放題」で解決

ソフトバンクスマホなら、アメリカ(ハワイ含む)でデータ使い放題の「アメリカ放題」が使えます。

追加料金不要で無制限データ通信ができるので、アメリカに限っては非常に優秀なサービスと言えます。

ただし、ワイモバイルとLINEMOではアメリカ放題が使えません。

ソフトバンクで直接契約している人だけのサービスなので、注意をしてくださいね。

格安SIMは海外のデータ通信不可

利用中の通信キャリアが格安SIMの場合、ほとんどのサービスで海外データ通信ができません。(国際電話・SMSは利用可能)

そのため、ahamoなどの海外通信ができるスマホキャリアで契約をするか、海外向けポケット型Wi-Fiをレンタルしましょう。

もちろん、WiFiを使う場合は通信キャリアの海外サービスが不要なので、格安SIMでも問題ありません。

まとめ|海外でスマホを使うなら通信キャリアのサービスを知っておこう

当記事では、海外でスマホを使う場合の通信方法や設定を解説しました。

スマホの設定は国際ローミングのオン/オフだけでかんたんに切り替えられます。ただし、高額請求を発生させないためにはキャリアが提供する海外サービスの活用が欠かせません。

空港でレンタルできるポケット型Wi-Fiよりも安価で使えるサービスが多いので、海外へ行く前に必ずチェックしておきましょう。

当記事を参考に、海外でも快適にスマホを使ってくださいね!

おすすめの関連記事
テザリングのやり方を解説!iPhoneとAndroid別にチェック!ahamo(アハモ)徹底解説!月100GBも利用可能に。ドコモオンライン限定プランの特徴は?ソフトバンク「LINEMO(ラインモ)」解説。オンライン専用の2つプランの料金や特徴は?