mineoのデータ使い放題プラン「マイそく」。プラン内容を徹底解説。スーパーライトプランも登場

料金プラン,mineo(マイネオ)

mineoのデータ使い放題プラン「マイそく」。プラン内容を徹底解説

mineoから2022年3月に新登場したプラン「マイそく」は、格安でデータを無制限に使用できるお得なプランです。また、2023年2月22日から新たに「マイそく スーパーライト」コースが加わり、ラインナップが増えました。

ただし、時間帯による通信速度制限があるので、知らないまま契約してしまうと「通信速度が遅すぎて使えない」といった失敗に繋がってしまいます。

mineoのマイそくは、おすすめな人とそうでない人がはっきりと分かれているプランなので、その特徴メリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

ご自身のスマホの利用状況と照らし合わせながら、マイそくプランが向いているかどうかを確認してみてください。

mineoのマイそくとはどんなプラン?

「マイそく」とはmineoから新登場したプランで、通信速度が一定の速度に制限される代わりに、無制限でデータを使うことができる格安プランです。(また、月曜から金曜の12時〜13時については最大32kbpsまで極端に通信速度が制限されます。マイそくスーパーライトについては常時最大32kbpsです)

先生

一般的な携帯会社の速度制限時の通信速度は最大128kbpsで相当遅いですが、平日の12~13時の通信速度はそれよりも遅くなる点は注意!

マイそくには4つのプランがあるので、ご自身のスマホの利用頻度や利用内容に合わせて選ぶことができます。

各プランの詳細については以下の表の通りです。

基本料金

プラン スーパーライトライトスタンダードプレミアム
月額料金 250円660円990円2,200円
最大通信速度 32kbps300kpbs1.5Mbps3Mbps
データ量無制限
※3日間で10GB以上の利用時に速度制限および通信最適化が適用されます
※月曜~金曜の12時から13時は最大32kbpsになります。 
音声通話

オプションサービス

オプション名料金概要
10分通話パック+110円/月額月10分以内の国内通話が無料
※余った分は翌月に繰り越し可能
10分かけ放題+550円/月額1回10分以内の国内通話が無料
時間無制限かけ放題+1,210円/月額国内通話24時間いつでもかけ放題
24時間データ使い放題+330円/1回24時間高速データ通信が可能
※マイそくの速度制限のある通信速度ではなく、通常のmineoの高速データ通信速度で利用できます

プランの通信速度でできること

スーパーライト
最大32kbps
ライト
最大300kbps
スタンダード
最大1.5Mbps
プレミアム
最大3Mbps
LINEやQR決済×
音楽再生やSNS×
インスタなどの画像サイト×
動画視聴(低画質144p)×
動画視聴(標準画質360p)××
動画視聴(高画質720p)×××
ビデオ会議××
注意点:ただし、平日12時台の最大32kbpsの速度制限時はほとんど何もできなくなります。(この後解説します)
先生

動画視聴の標準画質360pはスマホを縦にして、動画画面が上側に小さく表示されている状態。高画質720pはスマホを横にして、動画画面が広く表示されている状態が目安になります。

mineoのマイそくのプレミアム以外のプランは、Wi-Fi環境が整っている人や、スマホの利用頻度やSNSの利用が少ない人におすすめです。

動画視聴や画像サイトを楽しみたい人や、仕事でビデオ会議を利用するという人は、プレミアムプランに入っておくと安心ですね。

mineoを利用したくなった人は!

mineoは多くの方に選ばれています!楽しくておトクな10周年感謝祭を実施中!

↑目次へ戻る

mineoのマイそくの通信制限中にでできること

mineoのマイそくは、月曜から金曜の12時〜13時の通信速度が最大32kbpsに極端に制限される(スーパーライトプランについては常時最大32kbps)と説明しましたが、極端に制限された状態で何ができるのかということが気になるかと思います。

そこで、速度制限時の32kbpsではどんなことができるのかを表で確認していきましょう。

月曜から金曜の12時〜13時の通信速度(32kbps)でできること
※スーパーライトは常時最大32kbpsです

音声通話
メールやメッセージ
FeliCa決済
(おサイフケータイやApple Payなど)
QR決済/バーコード決済×
LINE通話×
音楽再生やSNS×
インスタなどの画像サイト×
動画視聴(低画質144p)×
動画視聴(標準画質360p)×
動画視聴(高画質720p)×
ビデオ会議×
先生

QR決済/バーコード決済といった一部の決済方法が32kbpsの時間帯では使えなくなる点は注意しましょう。

月曜から金曜の12時〜13時にスマホを使うことが少ない人や、Wi-Fi環境が整っている人にとっては問題ありませんが、日常生活や仕事でスマホを頻繁に利用するという人には不便さを感じるかもしれません。

スーパーライトプランは通話専用回線やサブ回線としての用途として有用

スーパーライトのプランは月額250円と安価なものの、通信速度が常時最大32kbpsと非常に低速のため、高速データ通信ができません。

ただし、通話自体はできるため、通話オプションの10分かけ放題を合わせても月額800円無制限かけ放題と合わせても月額1,460円通話専用回線としての用途であれば非常に有用です。

また、メイン回線が通信障害等で利用できなくなった場合に、サブ回線としての用途としても有用で、通信速度が常時遅い点は短期間での高速データ通信であれば、24時間データ使い放題と組み合わせると通話も高速データ通信もできるようになります。

mineoを利用したくなった人は!

mineoは多くの方に選ばれています!楽しくておトクな10周年感謝祭を実施中!

↑目次へ戻る

mineoのマイそくの2つのメリット

mineoのマイそくに乗り換える前に、2つのメリットについて確認していきましょう。

  • データが使い放題で格安
  • 「24時間データ使い放題」は速度制限なしで利用可能

それでは、それぞれのメリットについて解説していきます。

データが使い放題で格安

mainoのマイそくは速度制限があるものの、とにかく格安でデータを無制限で使えるのが最大の特徴です。

格安SIMのデータ無制限プランの代表格といえば、楽天モバイルの月額3,278円ですが、mineoのマイそくなら1番便利なプレミアムプランにしても月額2,200円で利用することができます。

普段は学校や会社でスマホを利用する頻度が低い・家のWi-Fi環境が整っているという人は、スーパーライトプラン(250円)やライトプラン(660円)やスタンダードプラン(990円)を選ぶことができるので、かなりお得で家計に優しい価格帯です。

自身の利用頻度に合わせたプランから選べるので、月々のスマホ代を無駄なく抑えたいという人は、mineoマイそくを検討してみてはいかがでしょうか。

「24時間データ使い放題」は速度制限なしで利用可能

mineoのマイそくプランは3日間で10GB以上利用すると、最大32kbps(月曜から金曜の12時〜13時の通信速度と同様)の速度制限がかかってしまいます。

しかし、1回330円の「24時間データ使い放題」を利用すると速度制限の対象外となるので、データ量を気にすることなく使うことが可能です。

すでに速度制限がかかってしまっている状態であっても、「24時間データ使い放題」の手続きを行うことで速度制限が解除となります。

「24時間データ使い放題」は1回330円と利用しやすい価格なので、速度制限がかかってしまった時や、外出先でデータを多く使いそうな日におすすめです。

mineoを利用したくなった人は!

mineoは多くの方に選ばれています!楽しくておトクな10周年感謝祭を実施中!

↑目次へ戻る

mineoのマイそくの2つのデメリット

mineoのマイそくに乗り換えてから後悔しないように、デメリットについても確認しておきましょう。

  • 平日の12時〜13時はほぼ使えない通信速度(スーパーライトプランは常時)
  • データ使い放題といっても高速通信ではない

この2つのデメリットが許容範囲かどうかを判断するために、それぞれの内容について解説していきます。

平日の12時〜13時はほぼ使えない速度

先ほども紹介しましたが、mineoのマイそくプランは格安でデータ量が無制限という代わりに、月曜から金曜の12時〜13時の通信速度が32kbpsに制限されます。(スーパーライトプランは常時最大32kbpsに制限されます)

32Mbpsの速度制限時でできることをもう一度確認してみましょう。

月曜から金曜の12時〜13時の通信速度(32kbps)でできること
※おさらいなのでできることのみ記載しています。

音声通話
FeliCa決済
(おサイフケータイやApple Payなど)
メールやメッセージ
データ通信に関する多くのことは32kbpsではできません。

速度制限の時間帯にスマホの利用頻度が少ない人や、Wi-Fi環境が整っている人にとっては問題ありませんが、Wi-Fi環境が整っていない場所でスマホを頻繁に利用するという人には不向きかもしれません。

先生

PayPayやd払いなどのQR決済についてはデータ通信が必要になる決済方法なので、32kbpsではできない点は注意しましょう。

データ使い放題といっても高速通信ではない

mineoのマイそくプランは「通信速度でプランを選ぶ」という考え方なので、選ぶプランによっては高速通信ではないので要注意です。

スーパーライトライトスタンダードプレミアム
月額料金(税込)250円660円990円2,200円
最大通信速度32kbps300kbps1.5Mbps3Mbps

表のように通信速度によってプランが設定されているので、各通信速度で何ができるのかをおさらいになりますが、以下の表で確認しておきましょう。

スーパーライト
最大32kbps
ライト
最大300kbps
スタンダード
最大1.5Mbps
プレミアム
最大3Mbps
LINEやQR決済×
音楽再生やSNS×
インスタなどの画像サイト×
動画視聴(低画質144p)×
動画視聴(標準画質360p)××
動画視聴(高画質720p)×××
ビデオ会議××
注意点:ただし、平日12時台の最大32kbpsの速度制限時はほとんど何もできなくなります。

基本的にLINEしか使用しないという人はライトプランでも十分ですが、SNSや動画を頻繁に利用するという人はスタンダード以上のプランがおすすめです。(動画品質もある程度確保したい人はプレミアムを選択しましょう)

先生

スーパーライトプランについてはデータ通信はメール以外はほぼできないと考えておきましょう。

月額利用料金だけでプランを決めてしまうと、「通信速度が遅くてイライラする」という結果になってしまうので、上記の表の“ できること・できないこと ”をしっかりと確認しておきましょう

mineoを利用したくなった人は!

mineoは多くの方に選ばれています!楽しくておトクな10周年感謝祭を実施中!

↑目次へ戻る

まとめ

mineoのマイそくは低速から中速でのデータ使い放題が格安なので、Wi-Fi環境が整っている人や、日中のスマホの利用頻度が少ない人、SNSや動画配信サービスなどの利用が少ない人におすすめです。

mineoのマイそくは、「スマホの利用がそこまで多くないため月々の料金を抑えたい」という人にもってこいのプランなので、ぜひチェックしてみてください。

mineoを利用したくなった人は!

mineoは多くの方に選ばれています!楽しくておトクな10周年感謝祭を実施中!

mineo(マイネオ)

↑目次へ戻る

おすすめの関連記事
mineo(マイネオ)の料金プラン「マイピタ」でより分かりやすくお得に!「パケット放題 Plus」も新登場mineo(マイネオ)のプラン変更の手順・費用・注意点をまるごとご紹介mineoでeSIMを申し込む方法を解説!eSIM対応機種もチェック