「MNP ワンストップ」とは?主要キャリアなど一部の携帯会社間のMNPがとても簡単に

2023年5月25日MNP/乗り換え

「MNP ワンストップ」とは?一部の携帯会社間のMNPがとても簡単に

携帯番号を変更しないで他社に携帯会社を乗り換えることをMNP(Mobile Number Portability)と言いますが、この手続きは少し手間がかかりますが、この手間が変わりつつあります。

総務省の号令により、2023年5月24日よりMNPワンストップが大手キャリアを含む一部の携帯会社間のWEB手続きに限りできるようになりました。

このことにより、対象の携帯会社間でのMNPの乗り換え手続きが非常に簡単になり、気軽にMNPでの乗り換えをしやすくなることが期待されています。

今回はMNPワンストップについて解説していきます。新たに始まったMNPワンストップ方式と従来のMNPツーストップ方式との違いやMNPワンストップに対応している携帯会社、注意点などについて詳しく説明していきます。

MNPワンストップ方式と従来のMNPツーストップ方式の違い

MNPワンストップと言われても良く分からない方が多いと思いますので、まずは新たに開始したMNPワンストップ方式と従来のMNPツーストップ方式との違いについて解説します。

従来のMNPツーストップ方式

MNPツーストップ方式
出典:総務省(https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/keitai_portal/gimonkaiketsu/q_1.html)

従来のMNPでは、MNPの手続きを行う際、以下の手順で手続きを行う必要がありました。

  1. 利用していた携帯会社にMNP予約番号を発行してもらう
    ※MNP予約番号はMNP手続きに必要な10桁の番号で予約日を含めた15日間の有効期限があります
  2. 乗り換え先の携帯会社で契約手続きを行う
    ※1で発行した有効期限内のMNP予約番号も必要
先生

2か所で手続きを行う必要があるため、ツーストップ方式と呼ばれます。

新しいMNPワンストップ方式

MNPワンストップ方式
出典:総務省(https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/keitai_portal/gimonkaiketsu/q_1.html)

新しく始まったMNPワンストップ方式は新しく契約する携帯会社での手続きのみでMNPでの乗り換えができるように変わっています。

  1. 乗り換え先の携帯会社で契約手続きを行う
    ※従来のツーストップ方式で必要だったMNP予約番号は不要
先生

乗り換え先の携帯会社(1か所)のみ手続きを行えば大丈夫なので、ワンストップ方式と呼ばれます。

従来のツーストップ方式では有効期限のあるMNP予約番号が必要だったため、短い期間で2か所で手続きが必要でしたが、ワンストップ方式ではMNP予約番号自体が必要ないため、MNPで乗り換えたいタイミングで乗り換え先の携帯会社で手続きをすれば、MNPでの乗り換えができるようになるため、非常にMNPが楽に行えるようになっています。

MNPワンストップに対応している携帯会社

2023年7月3日現在、MNPワンストップに対応している携帯会社は以下の通りです。

  • ドコモ
    • ahamo(アハモ)も含む
  • au
    • UQモバイル・povo(ポヴォ)も含む
  • ソフトバンク
    • ワイモバイル・LINEMO(ラインモ)も含む
  • 楽天モバイル
  • 日本通信
  • b-mobile
  • ジャパネットたかた
  • mineo

主要な大手キャリアがMNPワンストップに対応しており、MVNOでも日本通信やmineoなどはMNPワンストップに対応しています。

主要キャリアのMNP転出手数料は現在は撤廃(一部のMVNOは除く)

MNPワンストップに対応している携帯会社では、かつてはMNP転出をする際に必要だったMNP転出手数料は、現在撤廃されているので、基本的に必要となる手数料は、乗り換え先の契約事務手数料でほとんどは済みます(一部の携帯会社は契約事務手数料が不要なところもあります)。

かつては乗り換えの大きな障壁となっていた契約解除料やMNP転出手数料は一部のMVNOを除き、現在は撤廃されています。

MNPワンストップの注意点

MNPワンストップを利用する際の注意点がいくつかありますので、ご紹介します。

WEB手続きのみ対応(店頭手続きは未対応)

MNPワンストップはあくまでWEB手続きにのみ対応しています。店頭での手続きの場合には従来のツーストップ方式での対応になる点には注意が必要です。

先生

店頭での手続きの場合には、従来のMNP予約番号の発行が必要になります。

ワンストップ対応の携帯会社間でのみ利用可能

MNPワンストップでの乗り換えは、ワンストップ方式に対応している同士の携帯会社間で利用できるため、いずれかの携帯会社がワンストップ方式に対応していない場合には、従来でのツーストップ方式で乗り換えを行う必要があります。

ワンストップ方式の注意点もありますが、MNPを行うこと自体の注意点は別にありますので、併せてこちらの記事もチェックしましょう。

今まではMNPの手続きがよく分からず、他社への乗り換えに興味はあっても躊躇していた方も、普通に携帯会社に新規契約をする感覚で気軽にMNPをすることができますので、この機会にMNPにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ドコモを利用したくなった人は!

ドコモの契約は事務手数料(3,850円)がかからないオンラインショップがオススメです!

ahamoを利用したくなった人は!

ahamoは店頭では申込ができないオンライン限定プラン!
20GB月額2,970円~。大盛りオプションで100GBまで!

auを利用したくなった人は!

au Online Shopならau Online Shop お得割で機種代金が最大22,000円割引に!

UQモバイルを利用したくなった人は!

auPAY残高還元で最大10,000円相当チャージのキャンペーン開催中!
スマホとセット購入の場合最大22,000円割引!

povo2.0を利用したくなった人は!

povo2.0は基本料0円。店頭では申込ができないオンライン限定プランです。

ソフトバンクを利用したくなった人は!

ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料!
他社からの乗り換えならオンラインショップ割で機種代金割引に!

ワイモバイルを利用したくなった人は!

ワイモバ10周年大感謝祭開催中!ワイモバイルオンラインストアは事務手数料無料!

LINEMO(ラインモ)を利用したくなった人は!

3GB月額990円~。LINEのトークや通話はLINEギガフリーでデータ使い放題!
LINEMOは店頭では申込ができないオンライン限定プラン!

楽天モバイルを利用したくなった人は!

Rakuten最強プランはデータ無制限で月額3,278円!
最大32,000円相当トクになるキャンペーン開催中!

日本通信SIMを利用したくなった人は!

b-mobileを利用したくなった人はこちら

b-mobile

mineoを利用したくなった人は!

mineoは多くの方に選ばれています!楽しくておトクな10周年感謝祭を実施中!

おすすめの関連記事
スマホ・携帯電話を別の携帯会社にMNPで乗り換える前にやっておくべき6つのことMNPのメリットは?機種変更との違いも解説【キャリア乗り換えガイド】MNP(乗り換え)の手順と得する携帯ショップの選び方。すべて教えます!

この記事を書いた人

Ken
Kenスマホの先生2代目運営者
Linklet株式会社が運営しているスマホの先生の二代目管理者。
MNPで何回か携帯会社を変更した経験を持ち(現在はワイモバイル利用者)、各携帯会社の料金プランや携帯・スマホ料金を少しでも抑えつつも快適なデータ通信ができるようにするための情報収集や情報発信をしています。
※旧管理者の記事のリライトなども手掛けています
Kenが利用している通信環境はこちら

MNP/乗り換え

Posted by Ken