スマホ料金を節約する方法を解説!我慢せずスマホ代を安くする方法は?

2023年1月26日その他

スマホ料金を節約する方法を解説!我慢せずスマホ代を安くする方法は?

物価の高騰や電気代の上昇が家計を圧迫する中で、少しでも支出を得らして家計を楽にしたいと考える人も多いでしょう。

そんな中で「スマホ料金を節約したい」と思う人も多いですが、具体的にどうすれば安くできるのかわからず困っているかもしれません。

今回の記事では、スマホ料金を節約する方法を順序立てて解説していきます。

状況別におすすめの組み合わせについても触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

スマホ料金の平均額は約8500円

図表4-2-4-1 電話通信料の推移と消費支出に占める割合
出典:総務省(https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r03/html/nd242410.html)

まず最初にスマホ料金の平均額がどれぐらいなのか見ていきましょう。

総務省が公表している「情報通信白書」によると、携帯電話料金の年間支出額の平均は104,000円程度で月平均だと約8,500円となっています。

利用方法にもよるのですが、この8,500円という料金は正直いって「高い」ですよね。

中には、スマホをほとんど使っていないのに月額8,000円以上を支払っている可能性があります。

安くしようと思えば月額1,000円にまで抑えられることを考えると、無駄を削る余地はかなりありそうです。

スマホ料金を節約するために「現状の把握」を行う

スマホ料金を節約するためには、まず最初に「現状の把握」を行う必要があります。

主な確認点は以下の2つです。

  • 加入している料金プランやオプションを把握する
  • 毎月のデータ利用量や通話時間を把握する

では、1つずつ詳しく見ていきましょう。

加入している料金プランやオプションを把握する

まず最初に自分が加入しているサービスやプランについて把握してください。

どのスマホ会社のどの料金プランに加入しており、オプションは何を使っているのかなど、料金が発生しているサービスについては全てを洗い出しましょう。

中には「携帯ショップの人に言われた通りのプランに加入した」という人も多いはずです。

今一度見直してみるとかなりの無駄がある可能性があるので、必ず確認をしてください。

毎月のデータ利用量や通話時間を把握する

次に、スマホの利用状況について把握していきます。

主なポイントとしては「データ利用量」「通話時間」の2つです。

毎月のデータ利用量を把握して加入している料金プランで使えるデータ容量と見比べてみたときに「余っている」のか「足りていない」のかがわかります。

毎月の通話時間によっては通常料金で使うよりもかけ放題オプションに加入した方がお得になる可能性もあります。

スマホ料金を節約するための具体的な方法を解説

スマホ料金を節約するための具体的な方法について解説します。

主な方法は以下の6つです。

  • データ利用量に合わせて安い料金プランに変更する
  • 不要なオプションを解約する
  • 通話時間に応じてかけ放題オプションへの加入を検討する
  • Wi-Fiを積極的に使ってデータ容量の消費を減らす
  • 安い端末を選んで毎月の負担を減らす
  • 問題がないなら格安SIMへの乗り換えもおすすめ

では、1つずつ詳しく見ていきましょう。

データ利用量に合わせて安い料金プランに変更する

毎月のデータ利用量を元により安い料金プランに乗り換えてみてください。

同じスマホ会社の安いプランに変更してもいいですし、他のスマホ会社に乗り換えるのもおすすめです。

毎月のデータ利用量が10GBなのに、30GB使えるプランに入っていても無駄なだけなので、安い料金でデータ容量が無駄なく使えるスマホプランにしてください。

不要なオプションを解約する

使っていない有料オプションに加入している場合はすぐにでも解約してください。

不要なオプションに加入しているだけで、毎月のスマホ料金が300円〜500円上がってしまいます。

料金明細などを確認して、よく分からないオプションに料金を支払っていた場合は解約を検討しましょう。

通話時間に応じてかけ放題オプションへの加入を検討する

通話時間の長い方はかけ放題オプションに入った方がお得になるケースが多いです。

通話オプションにも「5分/回かけ放題」や「家族間通話無料」など、さまざまな種類があるので利用状況に応じて最もお得なものを選択しましょう。

Wi-Fiを積極的に使ってデータ容量の消費を減らす

スマホ料金はデータ利用量に比例して高くなるので、毎月のデータ利用量を節約して、安い料金プランに変更するという方法もあります。

データ利用量を節約するためには、できるだけフリーWi-Fiなどを使うのがおすすめです。

その他にも、使わない時はデータ通信をオフにするなどの節約方法があります。

安い端末を選んで毎月の負担を減らす

高価なスマホを購入したために分割代金の支払いで毎月の負担が大きくなっているという人もいるはずです。

スマホのスペックにこだわりがない場合には、できるだけ安い端末を選ぶことで毎月の支払額を減らすことができます。

問題がないなら格安SIMへの乗り換えもおすすめ

キャリアをお使いの方は格安SIMへの乗り換えも検討してください。

「キャリアメールが使えない」「通信速度が遅くなる」といったデメリットももちろんありますが、スマホをあまり使わないという人にとっては、それほど大きな変化ではありません。

むしろ月額料金が半分以下に安くなるので、そちらのメリットの方が大きくなるでしょう。

スマホ料金を節約する方法を状況別に紹介

スマホ料金を節約する方法を状況別に紹介していきます。

  • 「ネットを無制限に使いたいけど料金は安くしたい」→「楽天モバイル」
  • 「ネットはほぼ使わないのでできるだけ安くしたい」→「povo」
  • 「通話専用スマホの料金を安くしたい」→「povo」
  • 「通信速度重視でスマホ料金を安くしたい」→「光回線+povo」

上記の答えが全てではありませんが、スマホ料金を節約するための考え方の参考にしてみてください。

「ネットを無制限に使いたいけど料金は安くしたい」→「楽天モバイル」

価格が最強 圧倒的な低価格
出典:楽天モバイル(https://network.mobile.rakuten.co.jp/fee/saikyo-plan/)

ネットを無制限に使いたい上に月額料金も安く抑えたいのであれば「楽天モバイル」がおすすめです。

楽天モバイルは、どれだけデータ容量を使っても月額料金は3,278円なので、どこよりも安くネットが使い放題になります。

その上、専用通話アプリを使えば国内通話が無料にもなるため、全体的なスマホ料金の節約にもつながります。

楽天モバイルを利用したくなった人は!

Rakuten最強プランはデータ無制限で月額3,278円!
最大32,000円相当トクになるキャンペーン開催中!

↑目次へ戻る

「ネットはほぼ使わないのでできるだけ安くしたい」→「povo」

君にあったトッピングを選んで使える
出典:povo(https://povo.jp/)

ネットをほぼ使わないという方にはauが提要している「povo」がおすすめです。

povoは基本料金0円で、必要なサービスを追加していく形になっているため、ほとんど使わないのであれば月額0円で運用できます。

連絡手段としてスマホを時々使うという程度であれば、povoで月々の負担なく使うのもおすすめです。

「通話専用スマホの料金を安くしたい」→「povo」

スマホを通話専用端末として使うのであれば「povo」がおすすめです。

基本料金0円でデータ容量については追加をしなければ料金はかかりませんし、かけ放題オプションも用意されているため、通話時間の長い方でもお得に使えます。

データ容量にお金がかからないので、通話時間に合わせてスマホ料金を節約できます。

「通信速度重視でスマホ料金を安くしたい」→「光回線+povo」

通信速度は犠牲にせずにネットを快適に利用したい場合には「光回線とpovo」の組み合わせがおすすめです。

光回線を使えば月額5,000円程度で快適かつ使い放題のネット環境が手に入りますし、基本料金0円のpovoであれば余計な費用はかかりません。

外でスマホを使う時は適宜povoでトッピングをしていくといいでしょう。

povo2.0を利用したくなった人は!

povo2.0は基本料0円。店頭では申込ができないオンライン限定プランです。

↑目次へ戻る

まとめ

スマホ料金を節約する方法について解説しました。

利用しているスマホ会社や利用状況によって、利便性を維持しながらスマホ料金を節約する方法は異なるので、まずは自分が加入している料金プランを把握するところから始めてみてください。

今回の記事を参考にしてスマホ料金を節約してみましょう!

余談ですがスマホの料金の節約に留めず、ほかのことも含めて節約したいと思う方はライフプランを作る・見直すのが良いでしょう。ライフプランの考え方についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、気になる方は合わせてチェックしてみてください。
参考:ライフプランとは?必要性やメリット・作り方・テンプレートを解説(Money Fix)

楽天モバイルを利用したくなった人は!

Rakuten最強プランはデータ無制限で月額3,278円!
最大32,000円相当トクになるキャンペーン開催中!

↑目次へ戻る

おすすめの関連記事
iPhoneを安く買う方法とは?公式・キャリア・量販店どこが安い?スマートフォンの端末を安く買う8つの方法をご紹介

その他

Posted by Mur