ソフトバンクの「新トクするサポート」徹底キャンペーン解説!スタンダードとバリューの2種類に

割引,ソフトバンク新トクするサポート

新トクするサポート徹底キャンペーン解説

スマホ端末を2年周期で買い替えをする人がソフトバンクの端末で安く利用しようとする際に利用する可能性のあるソフトバンクの端末購入サポートといえば「新トクするサポート」があります。過去、2021年9月に条件が変わりましたが、2023年12月13日に「新トクするサポート(スタンダード)」に名称が変わりました。

さらに2023年12月27日に新たにスマホ端末を1年周期で買い替える人がお得な「新トクするサポート(バリュー)」が増えました

今回はスタンダードとバリューの2種類に増えた「新トクするサポート」について徹底解説していきたいと思います。新トクするサポートの特典内容・適用条件をはじめ、「新トクするサポート(スタンダード)」と「新トクするサポート(バリュー)」の違い、メリット・デメリットや一番有効活用できる機種変更のタイミングなど、できるだけ詳しくご紹介します。

新トクするサポートとは

新トクするサポート
出典:ソフトバンク(https://www.softbank.jp/mobile/products/new-tokusuru-support/)

ソフトバンクの新トクするサポートは、端末購入サポートプログラムで、48回割賦(48回の分轄払い)で機種を購入と同時にプログラム加入し、

  • スタンダードであれば、13カ月目から25カ月目までにソフトバンクに端末を返却すれば
  • バリューであれば、13カ月目にソフトバンクに端末を返却すれば

分割払いが残っている端末代の支払いが最大で以下の回数支払免除される端末購入サポートプログラムです。

  • スタンダードであれば最大24回分までの端末代支払を免除
  • バリューであれば最大36回分までの端末代支払いを免除

ここでのポイントは簡単にまとめると以下のようなものがあります。

  • 48回払いで契約した場合のみ利用可能(一括購入などでは利用できない)
  • 購入した端末をソフトバンクに返却すると端末代金支払いの残金が一定回数まで免除される(支払い済の金額は戻ってこない)
    • スタンダードの場合:13カ月目以降に購入した端末をソフトバンクに返却すると最大24回分の端末代金支払いの残金が免除(支払い済の金額は戻ってこない)
    • バリューの場合:13カ月目以降に購入した端末をソフトバンクに返却すると最大36回分の端末代金支払いの残金が免除(支払い済の金額は戻ってこない)
  • 別途プログラム料はかからない
  • ソフトバンク以外の人も利用可能
  • 機種により適用されるプログラムが異なる(スタンダード、バリューの適用対象機種が異なる)
48回割賦で購入できる端末が対象(古い機種も対象)

ドコモやauの似たプログラムでは対象の機種が限定されているのですが、ソフトバンクの新トクするサポートは48回割賦で購入できる端末が対象となり、古い機種も対象に含まれている特徴があります。

ただし、機種によって「新トクするサポート(スタンダード)」になるか、「新トクするサポート(バリュー)」になるかが異なる点は注意しましょう。

48回払いで購入すること

新トクするサポートへの加入はスタンダードの場合もバリューの場合も対象となる端末を48回の分割払いで購入する必要があります

ソフトバンクでは一括払いでの購入も可能できますが、48回払い以外の支払回数の場合には新トクするサポートに加入することができません。

48回の分割払いは均等な分割金額ではない点に注意

初期の新トクするサポートは均等に48回分割される形でしたが、現在の新トクするサポートはスタンダードではあれば前半の24回と後半の24回で毎月支払う金額が異なり、バリューであれば前半の12回と後半の36回で毎月支払う金額が異なる形式になっています。(傾向としては後半より前半の金額の方が安く、適切なタイミングでソフトバンクに端末返却をすれば、安価で端末を利用できるような価格設定になっています)

特典内容

新トクするサポートは、購入してから13ヶ月目以降に購入した端末をソフトバンクに返却することで受けられる特典です。

特典内容としては、分割払いの支払いが終わっていない残金のうちスタンダードであれば最大24回分までの支払いが免除、バリューであれば最大36回分までの支払いが免除になります。

この特典のメリットを一番受けられる返却タイミングとしては以下のタイミングです。

  • スタンダードの場合25カ月目のタイミングで端末をソフトバンクに返却
  • バリューの場合13カ月目のタイミングで端末をソフトバンクに返却

スタンダードの場合でも、13ヶ月目から24ヶ月目のタイミングで端末を返却することができ、この場合、1年くりあげオプションが適用され、特典を受けることができますが、免除される端末代は24回分までなので、25ヶ月目のタイミングと免除額は変わりません。

スタンダードの場合で26カ月目以降、バリューの場合でも14カ月目以降、返却することで残金を免除できますが、支払い済の分は戻ってこないため、月を経るにつれ免除額が減り、特典利用のメリットが減っていきます。

先生

スタンダードは2年周期、バリューは1年周期で端末返却するのがベストタイミングです。

特典を受けるにあたり…

途中でプログラムを解除していたり、ソフトバンクへの料金支払いを怠っていたりすると特典適用できなくなるので、これらの点にも注意しておきましょう。

プログラム料金

新トクするサポートのプログラム料金は無料で、別途料金は発生しません。

先生

既に新規加入申込受付を終了しているトクするサポートの場合は月額390円(不課税)×24回のプログラム料金が別途発生するものもありましたが、今回の新トクするサポートではプログラム料金は不要です。

ソフトバンク以外の回線を使っている人も利用可能

ソフトバンクの新トクするサポートは、特典の適用にソフトバンク回線利用の有無については問わないといった特徴があります。(最近の3大キャリアの端末購入サポートプログラムは回線契約を問わなくなっています。)

ソフトバンク系回線以外の携帯会社・ワイモバイル利用者でもSIMロック解除で利用可能

他の携帯会社の回線を利用している人も利用できる点だけを見れば魅力的ですが、昔ソフトバンクで販売していた発売時期の古い端末についてはソフトバンクのSIMロックがかかっています(発売時期が新しい現在の機種はSIMロックをかけることはNGとなっています)

ドコモ・au系の回線を利用している携帯会社やワイモバイルを利用している人、ソフトバンクのSIMロックがかかっている中古端末を購入した場合などは、SIMロックを解除しないと購入したスマホを利用することができない(SIMロック解除も購入してから101日以降でないとできない)という罠があったのですが、現在はSIMロック解除の条件が緩和されています。

以下の2つの条件を満たした場合にはソフトバンクで端末をクレジットカード払いもしくは一括払い購入してから100日以内でもソフトバンクショップでSIMロックを即日解除することができるようになっています。

  • ソフトバンクで購入(家電量販店などのソフトバンク取扱店含む)
  • クレジットカード払い、または、一括払いで機種を購入していること

※上記の条件を満たしていない人は購入してから101日以降でSIMロック解除が可能

ソフトバンク契約者以外の場合のSIMロック解除手続きは、ソフトバンクショップ(店舗)でのみ手続きが可能です。

SIMロック解除手数料

ソフトバンクのSIMロック解除手数料は現在無料で行うことができます。

先生

かつては店頭でのSIMロック解除手続きなら有料でしたが、2023年9月13日以降は無料になっています。

ソフトバンクを利用したくなった人は!

ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料!
他社からの乗り換えならオンラインショップ割で機種代金割引に!

↑目次へ戻る

スタンダードとバリューとの違い

新トクするサポート(スタンダード)と新トクするサポート(バリュー)には内容に違いがあります。違いについて比較した表をまとめてみました。

新トクするサポート(スタンダード)と新トクするサポート(バリュー)との違い比較表

 新トクするサポート
(スタンダード)
新トクするサポート
(バリュー)
端末返却で受けられる特典最大24回分の残金支払免除
※端末返却は13カ月目以降から可能だが、免除は最大24回まで
(2年周期で機種変更する人におすすめ)
最大36回分の残金支払い免除
(1年周期で機種変更する人におすすめ)
月々分割の端末代金前半1~24回

後半25~48回
で月々の端末代金が異なる
前半1~12回

後半13~48回
で月々の端末代金が異なる
対象の端末・iPhone14
・Google Pixel 7a など
・iPhone15
・Google Pixel 8 など
先生

返却をしても既に支払い済の端末代金については免除されない点はどちらも共通です。
特に高額な機種については
月々の分割払いの前半の端末代金は安く、後半の端末代金は高く設定されている傾向があります。そのため、1年(または2年)周期の短い期間で返却し、次の機種に乗り換える人にとってはメリットが大きい特典内容となっています。

ソフトバンクを利用したくなった人は!

ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料!
他社からの乗り換えならオンラインショップ割で機種代金割引に!

↑目次へ戻る

そのほか注意点

新トクするサポートを利用するにあたり、特典内容の解説に出ていない内容で注意すべき点がいくつかあるので解説していきます。

48回の割賦払いでの購入が前提

プログラム条件
出典:ソフトバンク(https://www.softbank.jp/mobile/products/new-tokusuru-support/)

いずれの新トクするサポートも48回の割賦払いでの購入が適用条件になっています。

キャンペーン解除条件

ソフトバンクの新トクするサポートに加入している場合でも、以下の条件に該当する場合には自動的に解除され、新トクするサポートが利用できなくなります。

  • 端末代を一括返済や端末代を完済した場合
    残金が免除になるものなので、残金が無くなれば…
先生

かつては、終了条件に「譲渡した場合(家族割引名義変更は除く)」もありましたが、現在はこの条件は撤廃されているようです。

査定基準を満たさないケース

特典利用時のご注意
出典:ソフトバンク(https://www.softbank.jp/mobile/products/new-tokusuru-support/)

新トクするサポートの特典を受ける際、ソフトバンクに利用端末を回収させますが、端末の破損など、以下の条件に当てはまる場合には、査定基準を満たさないため、特典の利用のためには22,000円(不課税)を別途支払う必要があります。
※【Apple Watch】購入時に付属していたバンドのみが査定基準を満たしていない場合は、2,000円(不課税)の別途支払いになる。
※ACPCのACアダプタまたは電源ケーブルのみ査定基準を満たしていない場合は、5,000円(不課税)の別途支払いになる。

保証系サービスを利用している人は追加料金は少なくなる

購入した端末の保証サービスとして以下のものがありますが、これらを利用している場合で査定基準を満たさない場合の追加費用は減額され、負担は少し軽くなります。

  • あんしん保証パック with AppleCare Servicesに加入【iPhone/iPad】
    • 画面が割れている場合:3,740円(不課税)
    • その他故障など:12,980円(不課税)
  • あんしん保証パック with AppleCare Servicesに加入【Apple Watch】
    • 本体破損の場合:9,200円(不課税)
    • 本体とバンド(またはバンドのみ)査定基準を満たさない場合:2,000円(不課税)
  • あんしん保証パックミニに加入【Google Pixel Watch】
    • 年2回までの修理割引特典が使える場合
      • 本体破損の場合:9,200円(不課税)
      • 本体とバンド(またはバンドのみ)査定基準を満たさない場合:2,000円(不課税)
    • 年2回までの修理割引特典が使えない場合
      • 本体破損、(または本体とバンドが査定基準を満たさない)の場合:22,000円(不課税)
      • バンドのみ査定基準を満たさない場合:2,000円(不課税)
  • あんしん保証パックプラス、あんしん保証パックに加入【Pixel/スマートフォン/ケータイ/タブレット・パソコン】
    • 5,000円(不課税)
  • あんしん保証パックネクストに加入【Pixel/スマートフォン/ケータイ/タブレット・パソコン】
    • 本体が査定基準を満たしていない場合:0円
      ※年2回までの修理割引特典が利用できない場合:22,000円(不課税)
先生

破損している端末は評価額が下がると考えると良いです。

  • 電源が入らない
    (スリープボタンが正常に機能しない)
    ※IMEIが確認できない場合は特典利用不可
  • 初期化されていない
    (各種ロックが解除されていない)
  • ガラス・筐体が破損している
    (ヒビ割れやカメラ・ボタン部分に破損や欠陥がある)
  • 液晶画面が異常/タッチパネルが動作不良
    (液晶の液漏れ・焼きつき、タッチパネルの操作ができない、縦線や横線がある、画面が暗く文字が読めない)
  • 筐体が変形している
  • メーカー保証が対象外
    (改造など)
  • 本体に不具合がある ※Apple Watchなどウェラブルデバイスのみ
    (本体が破損してバンドが正常に着脱できない)
  • バンドに不具合がある ※Apple Watchなどウェラブルデバイスのみ
    (商品購入時のバンドが破損または紛失)

※スマホではなくPCの場合ですが、ACアダプタおよび電源ケーブルに不具合がある場合も査定基準を満たさないといったものもあります。

先生

2点目の初期化は比較的忘れがちな処理なので、回収させる際には、かならず初期化することを忘れないようにしましょう。
(初期化しないと個人情報なども残った端末を送ることになるので、「必ず初期化!」を徹底しましょう。)

※初期化する前に、パソコンなどにバックアップデータを残しておくと安心です。

回収できない条件

新トクするサポートには、ソフトバンクで回収できない条件があります。すでに一部回収できない条件を解説していますが、ほかにも以下の3つのケースについて該当する場合についても、ソフトバンクは回収できないため、新トクするサポートの特典利用ができなくなります。

  • 回収した機種のIMEI(製造番号)が確認できない場合
    ※Apple WatchはIMEIまたはシリアル番号が確認できない場合
  • 端末の割賦債務が完済済みの場合
  • 査定基準を満たさない端末の場合で、特典で免除される金額(残債)が追加料金より少ない場合
    ※支払い免除額より追加費用(最大22,000円)の方が高くついて利用者が損をしてしまう場合には回収しないということです

IMEIの確認方法

IMEI(製造番号)はスマホ端末の「設定」から確認することができます。

Android機種のIMEI確認方法
※異なる場合もあります

「設定」 > 「システム」 > 「端末情報」> IMEIの項目

iPhone機種のIMEI確認方法
※異なる場合もあります

「設定」>「一般」>「情報」> IMEIの項目

LINEMOでは機種変更がやや困難

ソフトバンクのオンライン限定プランのLINEMO(ラインモ)は非常に月額料金が安く魅力的なプランですが、LINEMOを契約している場合、LINEMOやソフトバンクショップなどでの機種変更の手続きの対応をしてもらえません。

現在、ソフトバンクのプランを利用している人が、機種変更と同時にLINEMOにしたいと考えている人は、先にソフトバンクを契約している段階で(新トクするサポート申し込み含め)機種変更を行った後に、LINEMOのプランに変更するように注意しましょう。

LINEMO利用者が新しい機種に変更したい場合は以下の3つのステップで変更することは可能です。

  1. 新しいスマホを自分で用意
  2. オンラインでSIMカード発行手続きをする
  3. SIMカードが届いたら自分で初期設定を行う
先生

LINEMOは機種変更の作業が自分1人で完結させる必要があります。キャリア側のサポートを受けられません!

ソフトバンクを利用したくなった人は!

ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料!
他社からの乗り換えならオンラインショップ割で機種代金割引に!

↑目次へ戻る

メリット

ソフトバンクの新トクするサポートを利用するメリットは2年などの比較的短い周期で機種変更することで端末代金の残債を最大購入した半額近くまで抑えることができる点です。

一番メリットを受けられる人

  • 13ヶ月目で新しいスマホに買い替える(バリューの場合)
  • 25ヶ月目で新しいスマホに買い替える(スタンダードの場合)
  • 端末を壊さず利用できる

メリットのある人

  • 13ヶ月目~24ヶ月目に次の機種に買い替える
    (ただし、スタンダードの場合は24ヶ月分の端末代は支払う必要があり、バリューの場合は月が経過する(免除額が減額する)とともにメリットが少なくなります)
  • 26ヶ月目~48ヶ月目で買い替える
    比較的早い段階で次の機種を購入する人にメリットがあり、月が経過する(免除額が減額する)とともにメリットが少なくなります。

ソフトバンクを利用したくなった人は!

ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料!
他社からの乗り換えならオンラインショップ割で機種代金割引に!

↑目次へ戻る

デメリット

ソフトバンクの新トクするサポートのデメリットは、長い期間、次の機種を購入しないで同じ端末を利用し続ける場合には、新トクするサポートの特典効果が薄くなる(もしくはなくなる)点です。

ソフトバンクのキャリア版の端末代は、Appleなどのメーカーが直接販売している端末価格より定価は高額です。返却しないで長期的に利用する場合には、キャリア版は高くつくので、適切な返却タイミングで返却し、次の機種に買い替えるのがお得に利用するコツと言えます。

先生

購入した端末を4年以上使い続けるような人にとっては全く意味のないものになってしまいます。

ソフトバンクを利用したくなった人は!

ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料!
他社からの乗り換えならオンラインショップ割で機種代金割引に!

↑目次へ戻る

ソフトバンク利用者のその他注意点

現在、ソフトバンクを契約している人の場合、いくつか割引サービスがあったりしますが、併用できない割引などがあるので、ご紹介します。

下取りプログラム(機種変更)と併用できない

注意事項
出典:ソフトバンク(https://www.softbank.jp/mobile/products/new-tokusuru-support/)

ソフトバンクの新トクするサポートは特典を利用する際にソフトバンクに端末が回収されてしまうということは、同様にソフトバンクに回収させることで利用できる「下取りプログラム」との併用が当然できなくなります。

新トクするサポートは48回分割払いで購入し、13ヶ月目以降にソフトバンクに返却すると特典適用
※スタンダードは最大24回分の端末代金の未払い分の支払い免除になり、26ヶ月以上保有した状態だと免除額が毎月減額されていく
※バリューは最大36回分の端末代金の未払い分の支払い免除になり、14ヶ月以上保有した状態だと免除額が毎月減額されていく

下取りプログラム機種変更時に規定の査定額をPayPayボーナスまたは次の端末代金の割引される。

という違いがあるため、48ヶ月の完済間近になった段階では、新トクするサポートの特典を適用する形ではでなく下取りプログラムの方がお得になる可能性もあるため、このようなケースの場合にはそれぞれの金額を比較し、お得になる方の特典を利用するようにしてください。

端末代を完済してしまった方(ソフトバンク利用者のみ)は…

既に端末代の48回割賦払いが既に完了してしまった場合で、ソフトバンク利用者の場合は新トクするサポートは使えませんが、引き続き利用できる下取りプログラムを利用しましょう。

※他のキャリアを利用している方は、中古買取店での買い取りや他キャリアで行っている下取りサービスなどを検討しましょう。

ソフトバンクを利用したくなった人は!

ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料!
他社からの乗り換えならオンラインショップ割で機種代金割引に!

ソフトバンクにMNPするならこちらの携帯ショップもおすすめ

↑目次へ戻る

おすすめの関連記事

この記事を書いた人

Ken
Kenスマホの先生2代目運営者
Linklet株式会社が運営しているスマホの先生の二代目管理者。
MNPで何回か携帯会社を変更した経験を持ち(現在はワイモバイル利用者)、各携帯会社の料金プランや携帯・スマホ料金を少しでも抑えつつも快適なデータ通信ができるようにするための情報収集や情報発信をしています。
※旧管理者の記事のリライトなども手掛けています
Kenが利用している通信環境はこちら