携帯会社の契約者数を大手キャリアと格安SIM別にランキングで紹介!

キャリア/携帯会社

携帯会社の契約者数を大手キャリアと格安SIM別にランキングで紹介!

格安SIMやサブブランドの登場で、今や多くの携帯会社が存在しています。

「スマホを少しでもお得に使いたい」と思っても、数が多すぎてどれを選べばいいかわからない人もいるのではないでしょうか?

そこで、この記事では携帯会社の契約者数に注目をしてランキングで紹介しました。

「契約者が多い=多くのユーザーに支持されている」とも言えるので、携帯会社選びに迷ったときにはぜひ人気のサービスをチェックしてみましょう。

先生

ユーザーが多い携帯会社なら安心感がありますよね。大手キャリアと格安SIMに分けて紹介していきます!

大手携帯会社の契約者数

まずは、自前の通信基地局をもつ大手通信キャリアの契約者数をご紹介します!

キャリアの契約者数ランキング
  • 1位:NTTドコモ
  • 2位:au(KDDI)
  • 3位:ソフトバンク
  • 4位:楽天モバイル

なお、ランキングに使用した契約者数は「一般社団法人 電気通信事業協会(https://www.tca.or.jp/database/index.html)」の2022年第一四半期データから引用しました。

1位|NTTドコモ(契約者数 約8,500万回線)

NTT docomo
出典:ドコモ(https://www.docomo.ne.jp/corporate/about/outline/identity/)

ランキング1位は、約8,500万回線の契約者数を誇るNTTドコモです。

近年は他社への流出が多いイメージのドコモですが、度重なる値下げやオンライン専用プラン「ahamo」の登場で順調に契約者数を伸ばしています。

ahamoは2022年6月時点で300万回線を超えるなど絶好調。信頼性の高いネットワークを持つドコモが安く使えるという点が、大きく評価されているようです。

また、ahamoは月間100GB使える大盛りプランを新たに提供するなど、独自性の高いサービスで話題になりました。

多くの人に支持されるドコモ・ahamoは、今もっともおすすめできる携帯会社だと言えるでしょう。

先生

ahamoは発表当時から大きな話題を呼び、革新的な料金プランで多くのユーザーに支持されています!

ドコモを利用したくなった人は!

ドコモの契約は事務手数料(3,850円)がかからないオンラインショップがオススメです!

ahamoを利用したくなった人は!

ahamoは店頭では申込ができないオンライン限定プラン!
20GB月額2,970円~。大盛りオプションで100GBまで!

↑目次へ戻る

2位|au(契約者数 約6,100万回線)

au
出典:KDDI(https://brand.kddi.com/guideline/au/)

2位は契約者数6,100万回線のauです。

auはプランの豊富さと自由度の高さが魅力的で、使い放題プランに加えてサブブランドの「UQモバイル」やオンライン専用プラン「povo2.0」を提供しています。

中でも、基本料金0円から使えるプラン「povo2.0」が人気。従来の「月額○円」という方式ではなく、必要なぶんだけデータをトッピングする斬新なシステムなのでデータが無駄なく使えますよ。

サブブランドのUQモバイルも大人気で、実店舗がある格安SIMとして人気を博しています。

auを利用したくなった人は!

au Online Shopならau Online Shop お得割で機種代金が最大22,000円割引に!

povo2.0を利用したくなった人は!

povo2.0は基本料0円。店頭では申込ができないオンライン限定プランです。

↑目次へ戻る

3位|ソフトバンク(契約者数 約4,800万回線)

SoftBank
出典:ソフトバンク(https://group.softbank/philosophy/identity)

ランキング3位はソフトバンクです。iPhoneが登場した時にはいち早く独占販売を開始し、契約者数を大きく伸ばしました。

「料金が安い」というイメージに違わず、近年はサブブランドのワイモバイルをいち早く登場させるなど常に新しいサービスを提供し続けています。

また、オンライン専用プランの「LINEMO」は3GB 990円で使えるミニプランがあるので、データをそれほど使わない人が料金を抑えるにはぴったりです。

ソフトバンクやワイモバイルは独自決済サービスの「PayPay」で優遇されることもあり、スマホの新規契約や乗り換えをするなら候補の1つとしてぜひ検討してみましょう!

ソフトバンクを利用したくなった人は!

ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料!
他社からの乗り換えならオンラインショップ割で機種代金割引に!

LINEMO(ラインモ)を利用したくなった人は!

3GB月額990円~。LINEのトークや通話はLINEギガフリーでデータ使い放題!
LINEMOは店頭では申込ができないオンライン限定プラン!

↑目次へ戻る

4位|楽天モバイル(契約者数 約550万回線)

Rakuten UN-LIMIT VII
出典:楽天モバイル(https://network.mobile.rakuten.co.jp/fee/un-limit/)

ランキング4位は、安すぎるデータ使い放題&かけ放題プランが話題の楽天モバイルです。楽天モバイルの魅力は、たったひとつのプランなのに万人におすすめできるシンプルさ。

「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」は段階性の料金プランで、月額1,078円(3GB)〜3,278円(使い放題)と利用データ量に応じて金額が決まります。

使った分だけ料金が発生するので無駄がありません。しかも、各データ帯で格安SIMと同等の料金で使えるので非常にリーズナブルな点も大きな人気を集めています。

また、iPhoneの販売価格が大手4キャリアで最安値であることや、高額なポイント還元が嬉しいキャンペーンがあることも見逃せません。

料金の安さとシンプルさ・キャンペーンのお得さで選ぶなら、楽天モバイルがおすすめです!

楽天モバイルを利用したくなった人は!

Rakuten最強プランはデータ無制限で月額3,278円!
最大32,000円相当トクになるキャンペーン開催中!

↑目次へ戻る

格安SIM・サブブランド携帯会社の契約者数

続いて、通信費を大幅に節約できる格安SIMやサブブランドの契約者数をランキングにしました。

格安SIM・サブブランドの契約者数
  • 1位:ワイモバイル
  • 2位:UQモバイル
  • 3位:インターネットイニシアティブ(IIJmio)
  • 4位:NTTコミュニケーションズ(OCNモバイルONE)
  • 5位:オプテージ(mineo)

格安SIM・サブブランドの契約者数は各社の決算発表、及び総務省による発表(https://www.soumu.go.jp/main_content/000783598.pdf)を引用しています。

1位|ワイモバイル(契約者数 約700万回線)

Y!mobile
出典:ワイモバイル(https://www.ymobile.jp)

格安SIM・サブブランドの契約者数ランキング1位はワイモバイルです。

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドとして高い知名度を誇り、格安の料金プランながら高い通信品質を誇ります。

実店舗としてワイモバイルショップがあることも人気のポイント。スマホ初心者でもあんしんできる要素が多くあるので、「格安SIMに興味はあるけど不安」という人にはぴったりと言えるでしょう。

また、ワイモバイルは「学割」や「端末20,000円引き」などキャンペーンがお得なことで有名です。お得さとあんしんを兼ね備えているので、契約者数が多いのも納得できますね。

先生

安くて速い、しかも実店舗があるので安心して使えます!

ワイモバイルを利用したくなった人は!

ワイモバ10周年大感謝祭開催中!ワイモバイルオンラインストアは事務手数料無料!

↑目次へ戻る

2位|UQモバイル(契約者数 約350万回線)

UQ mobile
出典:UQモバイル(https://brand.kddi.com/guideline/uq-mobile/)

ランキング2位はUQモバイルです。

UQモバイルはauのサブブランドとして提供されており、ワイモバイルと同じく実店舗がある格安SIMです。

各種割引込みの料金や通信品質の高さもワイモバイルとほぼ同等。両社で迷った場合は「割引が適用できるか」「キャンペーンのお得さ」で決めると良いでしょう。

UQモバイルを利用したくなった人は!

auPAY残高還元で最大10,000円相当チャージのキャンペーン開催中!
スマホとセット購入の場合最大22,000円割引!

↑目次へ戻る

3位|インターネットイニシアティブ(契約者数 約240万回線)

IIJmio
出典:IIJmio(https://www.iijmio.jp)

ランキング3位は、格安SIMの有名ブランド「IIJmio」などを提供するインターネットイニシアティブです。

IIJmioは、ワイモバイルやUQモバイルよりも基本料金が安い点が大きな特徴。2021年から提供された「ギガプラン」は、月額850円(2GB)から使えます。

そのため、とにかく安く使いたい人にはぴったりです。格安SIMとしては通信品質が高い点も契約者数が多い理由だと言えるでしょう。

先生

IIJmioは機種販売にも力を入れていて、最新機種が特価で購入できるキャンペーンも人気です!

IIJmioを利用したくなった人は!

IIJmioはサブ回線としての利用にもおすすめ!
サマーキャンペーン開催中!2024年9月2日まで

↑目次へ戻る

4位|NTTコミュニケーションズ(契約者数 約180万回線)

OCNモバイルONE
出典:OCNモバイルONE(https://service.ocn.ne.jp/mobile/)

ランキング4位は、ドコモのエコノミーMVNOとして有名な「OCNモバイルONE」などを提供するNTTコミュニケーションズです。

OCNモバイルONEは不定期で開催される端末特価キャンペーンが有名で、人気Androidを中心に破格の金額でスマホを購入することができます。

もちろん月額料金も非常に安く、550円(500MB)から使える気軽さが人気です。一方で、月間10GBを超えるプランがないので「そんなにデータは使わないから料金を安くしたい」という人に向いていますよ。

先生

格安SIMの仕組みができた頃からサービスを提供している老舗会社です。

OCNモバイルONEを利用したくなった人は!

↑目次へ戻る

5位|オプテージ(契約者数 約130万回線)

mineo
出典:mineo(https://mineo.jp/award/)

ランキング5位は、「mineo」を提供するオプテージです。

mineoは単純な月額料金ではIIJmioやOCNモバイルONEにやや劣りますが、そのぶん独自サービスが豊富。

平日昼間の通信を抑えることで特典がもらえる「ゆずるね」や、ユーザー同士で余った通信量を分け合う「フリータンク」といった他社にはないサービスがとても人気です。

2021年下半期の格安SIMで総合満足度1位(出典元:RBB TODAY「格安SIMアワード2021下半期」)になるなど高い顧客満足度もmineoの特徴なので、格安SIMを長く使っていきたい人はぜひmineoを検討してみましょう。

先生

他にも、顧客満足度関連では多くの受賞歴があり信頼性が高いです!

mineoを利用したくなった人は!

mineoは多くの方に選ばれています!楽しくておトクな10周年感謝祭を実施中!

mineo(マイネオ)

↑目次へ戻る

まとめ

当記事では、携帯会社の契約者数をランキング形式でご紹介しました。

スマホ業界は乗り換えのハードルが大きく下がったことで、劣悪なサービスならユーザー離れに歯止めがかかりません。

契約者数が多い携帯会社はそれだけ多くのユーザーから支持されていると言えるので、選ぶときに迷ったら契約者数を参考にしても良いでしょう。

この記事を参考に、あなたにぴったりな携帯会社を見つけてくださいね!

おすすめの関連記事
eSIMに対応しているキャリアはどこ?大手4社の導入状況をチェックしよう!スマホ・携帯電話を別の携帯会社にMNPで乗り換える前にやっておくべき6つのこと