ソフトバンク「メリハリ無制限」徹底解説。4G/5G対応無制限プランの料金・特徴・割引は

2022年3月4日料金プラン,ソフトバンクメリハリ無制限

メリハリ無制限徹底解説
2023年10月2日をもって新規申込受付を終了したプランです

メリハリ無制限は2023年10月2日をもって新規申込受付を終了しました。後継となる新プランは2023年10月3日より開始した「メリハリ無制限+」や「ペイトク無制限」です。
メリハリ無制限+については別記事で解説しています。

↓ここからは2023年7月時点の記事内容です。


現在、大手3大キャリアにはそれぞれデータ無制限のスマホプランがあります。ソフトバンクのデータ無制限プランといえばメリハリ無制限があります。

今回は、ソフトバンクの「メリハリ無制限」の特徴・料金・割引・メリット・デメリットなど詳しく解説していきます。

現在のソフトバンクスマホ向けプランリスト

現在、ソフトバンクで契約できるスマホ向けプランは以下のプランです。

通常プラン

限定プラン(申し込み対象者に何かしらの制限があるプラン)

  • LINEMO(ラインモ)
    ※オンラインとLINE限定プラン!
  • スマホデビュープラン+
    ※ケータイからスマホへの乗り換え(または機種変更)の場合、5歳~22歳の新規契約の場合に限定して申し込み可能な月4GBまたは20GBの2つの容量から選べるプラン

いつから

ソフトバンクのメリハリ無制限は2021年3月17日開始のプランで、かつての「メリハリプラン(2021年3月16日をもって新規受付終了)」の後継にあたるプランです。

メリハリ無制限とは

「メリハリ無制限」は、4G/5Gスマホ向けの料金プランで、無制限とある通り1か月に利用できる高速データ通信容量の制限のないプランですが、「メリハリ(減り張り)」ともあるように、その月のデータ使用量が3GB以下と少ない場合には月額料金が安くなる要素もある2段階制の料金プランです。

先生

最近では競合のドコモ・auでも用いられるようになった月の使ったデータ容量が少ない場合に料金が安くなる2段階制をとっているプランは旧プランの「メリハリプラン」が最初でしたが、今回の「メリハリ無制限」でもしっかり「減り」の要素も入っています。

プランのタイプ(データ無制限)としてはドコモの「eximo(エクシモ)」やauの「使い放題MAX 4G」「使い放題MAX 5G」に近い内容のプランです。

また、メリハリ無制限はスマホ利用に必要な要素のうち端末本体代金以外ものをカバーしています。

  • 基本プラン:基本プラン(音声)
    ※通話にかかる料金
  • データ定額サービス:データプランメリハリ無制限
    ※データの通信にかかる料金
    (かつてはウェブ使用料というものもありましたが、最近のプランではデータ通信料に含めてしまったようです)
  • 端末本体代金:プランに含まれていない
先生

ここで「データプランメリハリ無制限」という単語が登場…「メリハリ無制限」とは違うものなのか?

「メリハリ無制限」と「データプランメリハリ無制限」との関係性

名称が微妙に違っていますが、別物ではあるものの、これらは密接な関係があります。「メリハリ無制限」は基本プラン(通話に関する料金)+データ定額サービスの2つを合わせたものですが、「データプランメリハリ無制限」はデータ定額サービスの範囲までを対象としているものです。それぞれの関係性を表にすると以下のような形になります。

基本プランメリハリ無制限
基本プラン(音声)
データ定額サービスデータプランメリハリ無制限
端末本体代金プランに含まれていない
↓関連記事:ソフトバンクの料金プラン解説

ソフトバンクを利用したくなった人は!

ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料!
他社からの乗り換えならオンラインショップ割で機種代金割引に!

↑目次へ戻る

料金・特徴

ソフトバンクの「メリハリ無制限」の料金ですが、基本料金とデータ通信料を合わせたベースとなる月額料金としては1ヶ月に使えるデータ容量は無制限で、7,238円(税込)がベースとなっていますが、月に利用したデータ量が3GB以下の場合には1,650円安くなり5,588円(税込)になります。

3GB以下の月なら1,650円勝手に割引
出典:ソフトバンク(https://www.softbank.jp/mobile/price_plan/data/merihari-unlimited/)
先生

上記の料金とは別にオプション料金やキャンペーン・割引などで最終的な月額料金が上下します。

メリハリ無制限のベースとなる月額利用料金(税込)

基本料金基本プラン(音声)
1,078円
データ通信料データプランメリハリ無制限
3GBより多い利用:6,160円
3GB以下の利用:4,510円
合計3GBより多い利用:7,238円~
3GB以下の利用:5,588円~

「新みんな家族割」を適用できれば月額料金が下がる

「メリハリ無制限」の定価は税込価格で7,238円(3GB以下の利用の時は5,588円)とそれなりに高額になるプランですが、家族でまとめての契約になると「新みんな家族割」が適用でき、月額で最大1,210円の割引され、契約人数によって6,028円~7,238円(3GB以下の利用なら4,378円~5,588円)と月額料金が変わってきます。

先生

後半で料金シミュレーションします。

新みんな家族割とみんな家族割+とは同一です

メリハリプランをはじめとしたいままでのソフトバンクの家族割といえば「みんな家族割+」でしたが、今回のメリハリ無制限では「新みんな家族割」と違う名称になっていますが、2021年3月17日から割引名が変わるだけなので、同じ割引を指しているのですが、プランによって対象人数や割引金額が変わります。

  • メリハリ無制限の場合
    • 2人の場合:月額660円引き/人
    • 3人以上の場合:月額1,210円引き/人
  • メリハリプランの場合(新規申込受付終了)
    • 2人の場合:月額550円引き/人
    • 3人の場合:月額1,650円引き/人
    • 4人以上の場合:月額2,200円引き/人

2人の時はメリハリ無制限の方が割引金額が高い設定になっています。3人以上の場合にはメリハリプランの割引額の方が高いのですが、ベースとなるデータ通信料(データプランメリハリ無制限)自体がいままでのメリハリプランと比べると安いため、最終的な月額料金としてはメリハリ無制限の方が安くなっています。

4G/5Gの両方に対応

メリハリプランなどのいままでのプランは標準では4G LTEのプランで、5Gに対応した機種で5G回線を利用したい場合は、「5G基本料」というオプション(プランによっては有料)を付けることで5Gの回線を利用することができるプランでしたが、今回のメリハリ無制限については最初から4G/5Gのいずれのスマホにも対応できているプランになっており、オプションを付ける形ではなくなっています。

先生

ソフトバンクの4G/5Gの両方に対応しているプランは同日開始のLINEMO(ラインモ)も同様です。

↓ソフトバンクの5G対象エリアを確認したい人は
ソフトバンク公式:サービスエリアマップ

契約期間の縛りは無し

かつてのスマホプランには2年契約の縛りが設けられていましたが、ソフトバンクのメリハリ無制限は契約期間の縛りはなく、解約などで生じる契約解除料をはじめ、MNP転出手数料も発生しません必要な期間利用し、不要になったらいつでも解約ができます。

※乗り換え先の契約時の契約事務手数料必要になります。(契約事務手数料を取らない携帯会社もあります)

テザリングが無料

いままでのソフトバンクのプランでテザリング機能を利用する場合には、有料のオプションを契約する必要がありましたが、今回のメリハリ無制限では月30GBまでの上限はあるもののテザリング・データシェアが無料で利用できるようになっています。

先生

テザリング・データシェアについてはデータ無制限ではない点には注意!

ソフトバンクを利用したくなった人は!

ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料!
他社からの乗り換えならオンラインショップ割で機種代金割引に!

↑目次へ戻る

月額4928円の正体

4,928円/月
出典:ソフトバンク(https://www.softbank.jp/mobile/price_plan/data/merihari-unlimited/)
大きく書かれた4,480円は税抜の基本料金

ソフトバンク公式サイト「メリハリ無制限」のページに書かれている「4,928円」

これは特定の条件に当てはまれば実現できる料金で、最小限の料金プランを選択し、様々な割引キャンペーンを適用させた場合に実現できる価格になっています。

メリハリ無制限を利用して月額4,928円になる条件を簡単にまとめると以下の通りです。(税抜だと4,480円)

  • 通話のタイプは従量課金型(国内通話なら30秒につき22円発生)「基本プラン(音声)」を選択。
    ※通話やSMS送信は一切しない
  • ソフトバンク指定のブロードバンド回線も契約し、「おうち割光セット」を適用する
  • 「新みんな家族割」を適用(家族3人以上で契約)
先生

月額4,928円(税抜4,480円)は月3GB以下のデータ利用の場合の1,650円割引(税抜1,500円)は含まれていないので、この割引を加えた場合は月額3,278円(税抜2,980円)が最低価格になります。

「基本プラン(音声)」の通話タイプを選択

「メリハリ無制限」の通話タイプは標準の「基本プラン(音声)」のほかに、通話オプションの「準定額オプション+・定額オプション+」の合計3種類から選ぶことができます。

ただし、選択したタイプによりベースとなる月額の基本使用料金が変わります

月額4,928円にするためには一番基本料金が安い「基本プラン(音声)」を選択する必要があります。

ソフトバンクの3つの通話タイプ

選べる通話プラン
※税込

通話タイプ内容
基本プラン(音声)

定額オプション+
月額:3,058円(1,078円+1,980円)
24時間いつでも国内通話し放題
基本プラン(音声)

準定額オプション+
月額:1,958円(1,078円+880円)
1回5分以内国内通話し放題
(1回5分以上は30秒につき22円)
基本プラン(音声)
※標準の通話タイプ
月額:1,078円
通話時間に応じた従量制
(国内通話の場合、30秒につき22円)

ただし、「定額オプション+」、「準定額オプション+」の無料通話はあくまで通常の国内通話のみが対象なので、海外への通話0570番号などの有料電話サービスへの通話は対象外になります。

逆に「基本プラン(音声)」、「準定額オプション+」の国内通話の30秒につき22円になる対象でも、家族間(家族割引適用者)の国内通話に関しては24時間無料になります。

「準定額オプション+」「定額オプション+」には4つのオプションが利用可能

通話オプションである「準定額オプション+」「定額オプション+」については以下の4つの有料オプションサービスが料金の範囲内で利用できるようになっています。

  • 留守番電話プラス
  • 割込通話
  • グループ通話
  • 一定額ストップサービス

※標準の「基本プラン(音声)」にはこれらのオプションは付いていません。

料金プランの落とし穴

使ったデータ容量に応じた段階性料金でもわずか2段階で、期間限定の割引もないため、比較的分かりやすい料金体系ではあるのですが、加入前に知っておいてほしい点がいくつかあります。

先生

適用に条件があり、一部の人は割引が適用されないことがある内容です。

1.「おうち割光セット」を適用している

メリハリ無制限の月額4,928円の内訳には、スマホのほかに、自宅のブロードバンド回線(Softbank光、Softbank Airなど)とのセットで利用することで適用できる「おうち割光セット」の割引が入った料金で表現されています。

おうち割光セット
出典:ソフトバンク(https://www.softbank.jp/mobile/campaigns/list/ouchiwari-hikari/)
先生

ソフトバンクは「おうち割光セット」適用後の料金を通常料金のように表示することがよくあるので、注意してください。

割引期間は2カ月目以降から永年で割引が適用されますが、ソフトバンク指定のブロードバンド回線を同時に利用しない場合は「おうち割光セット」の割引がなくなるため、月額料金が税込1,100円高くなります

対象固定通信サービス割引金額
(税込)
割引期間
SoftBank光
(ファミリー・ライト含む)
1,100円引き
永年
SoftBank Air
Yahoo! BB ADSL
SoftBankブロードバンド ADSL
(エンジョイBB)
ケーブルライン
ひかりdeトークS
(ケーブルライン)
 NURO 光 でんわ
(ケーブルライン)
Yahoo! BB 光シティ
先生

多くの人はSoftBank光またはSoftBank Airを選択する形になるかと思います。

おうち割光セットについて詳しく知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

2.「新みんな家族割」で3人以上の家族での契約の割引金額が適用されている

メリハリ無制限の月額4,928円の内訳には、最初の方で少し触れていますが、ソフトバンクの特徴の一つといえる家族複数人で契約した場合に割引される家族割「新みんな家族割」の割引が適用されていますメリハリ無制限で月額4,928円にするためには、「新みんな家族割」の家族割サービスを3人以上(1,210円の割引)で利用する必要があります。

この家族割は契約する家族の人数により適用される割引金額が変わってきます

新みんな家族割の1人あたりの割引金額(メリハリ無制限の場合)
※税込

家族割対象人数月額割引金額
(1人あたり)
1人0円
2人660円引き
3人以上1,210円引き

4,928円になるケースは一番割引金額が高い3人以上で契約した場合の1,210円引きが適用されたものになっています。つまり3人以下の場合は、差額分が加算されることになります。

家族の対象範囲が広い
出典:ソフトバンク(https://www.softbank.jp/mobile/price_plan/options/new-minna-kazokuwari/)

ただ、家族は血が繋がっている肉親を普通想像しますが、ソフトバンクは家族の定義が少し特殊で、以下の条件が当てはまる場合には、家族カウントになり「新みんな家族割」の適用ができます。

「新みんな家族割」を適用できる「家族」の定義

家族種類申し込みに必要な証明書類
同居している
家族・親戚
同住所が確認できる
契約者さまそれぞれの本人確認書類
離れて暮らす
家族・親戚
1.契約者さまそれぞれの本人確認書類
2.家族であることがわかる「戸籍謄本」や「住民票記載事項証明書」のいずれか ※3ヶ月以内のものに限る
同居している
恋人・友人
同住所が確認できる
契約者さまそれぞれの本人確認書類
同居している
シェアハウスの仲間
同住所が確認できる
契約者さまそれぞれの本人確認書類
先生

血縁/婚姻関係者の場合は、親等数の制限はなく、別住所でも適用OK
友人・知人レベルの場合であっても同じ住所に住んでいれば適用でき、普通想像する家族の定義より基準が緩いです。

「結局それぞれのプランや割引を適用すると料金はいくらになるの?」

と思っている人もいそうなので、各プランごとに料金や割引がどのように変わっていくのかまとめてみました。

ソフトバンクを利用したくなった人は!

ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料!
他社からの乗り換えならオンラインショップ割で機種代金割引に!

↑目次へ戻る

毎月の料金例

メリハリ無制限を利用した場合の毎月の利用料金と各キャンペーンの割引の料金をまとめてみました。

(機種を購入した場合の機種代と(わずか数円の)ユニバーサルサービス料電話リレーサービス料は含んでいません)

契約した初月

メリハリ無制限を契約した最初の月は、「おうち割光セット」の割引がまだ適用されません(2カ月目から適用されるため)

以下の料金を日割計算した金額と別に契約事務手数料3,850円(税込)が加算されます。

プラン変更のみの場合は?

既にソフトバンクユーザーで新規契約・機種変更・MNPを伴わない料金プランのみ変更する場合は、契約事務手数料はかかりません。

●通話タイプ「基本プラン(音声)」(国内通話は30秒につき22円)選択の場合
※税込・1人あたりの料金

家族割の対象人数1人2人3人以上
基本プラン(音声)1,078円
データプランメリハリ無制限3GBより多いデータ利用:6,160円
3GB以下のデータ利用:4,510円
新みんな家族割適用なし-660円-1,210円
 合計
※3GBより多いデータ利用
7,238円の
日割計算
6,578円の
日割計算
6,028円の
日割計算
 合計
※3GB以下のデータ利用
5,588円の
日割計算
4,928円の
日割計算
4,378円の
日割計算

※家族3人以上で全割引を適用した場合は
・3GBより多いデータ利用の場合:6,028円(税込)~の日割計算 + 契約事務手数料
・3GB以下のデータ利用の場合:4,378円(税込)~の日割計算 + 契約事務手数料

●通話タイプ「準定額オプション+」(1回5分以内の国内通話無料)選択の場合
※税込・1人あたりの料金

家族割の対象人数1人2人3人以上
基本プラン(音声)1,078円
準定額オプション+880円
データプランメリハリ無制限3GBより多いデータ利用:6,160円
3GB以下のデータ利用:4,510円
新みんな家族割適用なし-660円-1,210円
合計
※3GBより多いデータ利用
8,118円の
日割計算
7,458円の
日割計算
6,908円の
日割計算
合計
※3GB以下のデータ利用
6,468円の
日割計算
5,808円の
日割計算
5,258円の
日割計算

※家族3人以上で全割引を適用した場合は
・3GBより多いデータ利用の場合:6,908円(税込)~の日割計算 + 契約事務手数料
・3GB以下のデータ利用の場合:5,258円(税込)~の日割計算 + 契約事務手数料

●通話タイプ「定額オプション+」(国内通話24時間いつでもかけ放題)選択の場合
※税込・1人あたりの料金

家族割の対象人数1人2人3人以上
基本プラン(音声)1,078円
定額オプション+1,980円
データプランメリハリ無制限3GBより多いデータ利用:6,160円
3GB以下のデータ利用:4,510円
新みんな家族割適用なし-660円-1,210円
合計
※3GBより多いデータ利用
9,218円の
日割計算
8,558円の
日割計算
8,008円の
日割計算
合計
※3GB以下のデータ利用 
7,568円の
日割計算
6,908円の
日割計算
6,358円の
日割計算

※家族3人以上で全割引を適用した場合は
・3GBより多いデータ利用の場合:8,008円(税込)~の日割計算 + 契約事務手数料
・3GB以下のデータ利用の場合:6,358円(税込)~の日割計算 + 契約事務手数料

2カ月目以降

契約の2カ月目から「おうち割光セット」の割引が始まります

●通話タイプ「基本プラン(音声)」(国内通話は30秒につき22円)選択の場合
※税込・1人あたりの料金

家族割の対象人数1人2人3人以上
基本プラン(音声)1,078円
データプランメリハリ無制限3GBより多いデータ利用:6,160円
3GB以下のデータ利用:4,510円
新みんな家族割適用なし-660円-1,210円
合計
※3GBより多いデータ利用
(おうち割光セットなし)
 7,238円6,578円6,028円
合計
※3GB以下のデータ利用
(おうち割光セットなし)
5,588円4,928円4,378円
おうち割光セット-1,100円
合計
※3GBより多いデータ利用
(おうち割光セットあり)
6,138円5,478円4,928円
合計
※3GB以下のデータ利用
(おうち割光セットあり)
4,488円3,828円3,278円

※家族3人以上で全割引を適用した場合は
・3GBより多いデータ利用の場合:4,928円(税込)~
・3GB以下のデータ利用の場合:3,278円(税込)~

●通話タイプ「準定額オプション+」(1回5分以内の国内通話無料)選択の場合
※税込・1人あたりの料金

家族割の対象人数1人2人3人以上
基本プラン(音声)1,078円
準定額オプション+880円
データプランメリハリ無制限3GBより多いデータ利用:6,160円
3GB以下のデータ利用:4,510円
新みんな家族割適用なし-660円-1,210円
合計
※3GBより多いデータ利用
(おうち割光セットなし)
8,118円7,458円6,908円
合計
※3GB以下のデータ利用
(おうち割光セットなし)
6,468円5,808円5,258円
おうち割光セット-1,100円
合計
※3GBより多いデータ利用
(おうち割光セットあり)
7,018円6,358円5,808円
合計
※3GB以下のデータ利用
(おうち割光セットあり)
5,368円4,708円4,158円

※家族3人以上で全割引を適用した場合は
・3GBより多いデータ利用の場合:5,808円(税込)~
・3GB以下のデータ利用の場合:4,158円(税込)~

●通話タイプ「定額オプション+」(国内通話24時間いつでもかけ放題)選択の場合
※税込・1人あたりの料金

家族割の対象人数1人2人3人以上
基本プラン(音声)1,078円
定額オプション+1,980円
データプランメリハリ無制限3GBより多いデータ利用:6,160円
3GB以下のデータ利用:4,510円
新みんな家族割適用なし-660円-1,210円
合計
※3GBより多いデータ利用
(おうち割光セットなし)
9,218円8,558円8,008円
合計
※3GB以下のデータ利用
(おうち割光セットなし)
7,568円6,908円6,358円
おうち割光セット-1,100円
合計
※3GBより多いデータ利用
(おうち割光セットあり)
8,118円7,458円6,908円
合計
※3GB以下のデータ利用
(おうち割光セットあり)
6,468円5,808円5,258円

※家族3人以上で全割引を適用した場合は
・3GBより多いデータ利用の場合:6,908円(税込)~
・3GB以下のデータ利用の場合:5,258円(税込)~

通話タイプの選択に悩む方は

「基本プラン(音声)」と「準定額オプション+」の月額料金の差額は880円ですが、これを通話時間に換算すると20分なのでこの時間を基準にどちらのタイプを選択するか考えると良いです。

1回5分以上の通話を多くする(1回5分を超過した時間で合計25分以上の通話をする)場合には「準定額オプション+」ではなく「定額オプション+」を選択すると良いです。

解約月は月3GB以下のデータ利用でも割引されません

メリハリ無制限の注意書き(特記事項)の中にある解約月のデータ利用の扱いに関する内容があり、解約月のデータ利用が3GB以下の場合でも1,650円の割引が適用されない点には注意しましょう。

ソフトバンクを利用したくなった人は!

ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料!
他社からの乗り換えならオンラインショップ割で機種代金割引に!

↑目次へ戻る

メリット

メリハリ無制限にするメリットは以下の場合に料金が割安になるなどの点があります。

  • 月20GB以上のデータ通信をする人
    ※2021年8月時点で新規申込受付をしているプランで月20GB以上利用できるスマホ向けプランはメリハリ無制限しかない
  • 店頭・電話でのサポートが必要な人かつ毎月のデータ利用量が3GB以上を継続的に利用する場合、料金を抑えることが可能。
    ※家族複数台の契約なら「新みんな家族割」でさらに安くなり、家族3人以上での利用であれば月2GB以上の利用で料金を抑えることも可能に。
    ※店頭・電話でのサポートが不要でオンラインのみの手続き・サポートで十分な人は月20GBで月額3,278円または月3GBで月額990円のLINEMO(ラインモ)という選択肢も出てきます。
先生

ソフトバンクは3大キャリアの一つで通信速度もしっかりしているので、MVNOにあるようなそもそもの通信速度が時間帯・混雑状況によって遅いといった心配もないので、高速回線をデータ容量を気にせず利用することができるキャリアと言えます。

ソフトバンクを利用したくなった人は!

ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料!
他社からの乗り換えならオンラインショップ割で機種代金割引に!

↑目次へ戻る

デメリット

メリハリ無制限にするデメリットはそれほど大きなものはありませんがあえて挙げるとすると以下のものがあります。

  • 毎月のデータ利用量が20GB以下の場合は割高になる場合があります。
    ※店頭・電話サポートが必要な人は月2~3GB以下の利用であれば「ミニフィットプラン+」などが候補に
    ※店頭・電話サポートが不要な人は月20GBまでのオンライン専用プラン「LINEMO」が候補に
  • テザリング・データシェアの利用には月30GBまでの上限が設けられている
    ※ただし、旧プランと異なり、追加料金は不要になっています。
  • 旧プランからのプラン変更で割引特典が終了するものがある(1年おトク割+などの一部割引サービスを利用している場合は、割引適用が終了してからプラン変更をすべき)
先生

月20GB以下に抑えられる場合で、店頭・電話での各種手続きやサポートの対応が不要な人(似たようなサポート対応のMVNOでも大丈夫なような玄人向け)は、オンライン限定の「LINEMO(ラインモ)」が利用できるため、メリハリ無制限は割高になります。

ソフトバンクを利用したくなった人は!

ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料!
他社からの乗り換えならオンラインショップ割で機種代金割引に!

↑目次へ戻る

端末購入サポートサービスの紹介

ここまでは、メリハリ無制限の内容を解説していきましたが、これらの料金やキャンペーンには端末代金のことは含まれていません。

ソフトバンクで端末を購入した場合は、当然ですが端末代金分がプラスされることになります。

最近の端末代はあまり安くない理由

ソフトバンクだけの話ではありませんが、総務省がスマホ料金が高いということで介入し、2019年10月から施行される改正電気通信事業法の影響で、分離プランが義務化されました。

以前であれば、回線と端末代をセットにすることで、端末代金の大幅値引きもできましたが、法改正で端末代金の大幅な値引きができなくなり、その影響で端末代が高くなっています。

以前と比べ、端末代金が高くなっているものの、端末代金を安くする方法はあります。

新トクするサポート

新トクするサポート
出典:ソフトバンク(https://www.softbank.jp/mobile/products/new-tokusuru-support/)

新トクするサポートは現在ソフトバンクで発売の機種で利用できる端末購入サポートプログラムで、48回の割賦契約(48回の分割払い)で機種を購入し、13ヶ月目から25ヶ月目までにソフトバンクに購入した端末を返却すると分割払いが残っている端末代の支払い(最大24回分まで)が免除されるというものです。

つまり25ヶ月目に購入した機種端末を返却した場合、端末代金は48回中24回分の支払いのみで済む形になります。

ただし、25ヶ月目以降になっても返却せず、そのまま継続利用してしまった場合には、通常通り割賦代金を支払い続ける形になり、免除される金額も月を経るにつれ減額されていきます。

最近の新トクするサポートは前半24回と後半24回で支払金額が変わる仕様に転換

新トクするサポートが始まった初期の頃は均等に48回払いをしていく端末価格の設定になっていましたが、最近の新トクするサポートの分割払いは、ドコモ「いつでもカエドキプログラム」やau「スマホトクするプログラム」の残価設定型の支払い方法に変わっています。

また、新トクするサポートの特典を利用するにあたり、購入した機種端末は返却により回収されてしまうため、下取りプログラム(機種変更)は利用できない点は考慮しておく必要があります。

新トクするサポートはソフトバンク回線契約の有無は問わない

新トクするサポートはソフトバンクでの対象機種購入が条件になっていて、ソフトバンク回線利用については関知しません。

※ソフトバンクの回線契約は必要ないものの、ソフトバンクで購入する端末にはソフトバンクのSIMロックがかかっているため、ドコモやau系の回線を利用している人やワイモバイルを利用している人の場合には、SIMロックをソフトバンクショップでSIMロックを解除してから利用する形になります。(SIMロックの解除には、クレジットカード払いで機種を購入し、購入した日に即SIMロック解除する場合には解除料はかかりません)

13カ月目~25ヶ月目に機種端末を返却した場合の実質的な機種代金の一例
※2023年7月4日時点。税込。

機種名実質的な機種代(税込)通常料金
iPhone14
(128GBモデル)
72,600140,400円
Google Pixel 7a22,00879,920円
Redmi Note 10T22,008円27,360円
Xperia 10 V43,200円79,920円

新トクするサポートの適用条件には以下の条件を満たす必要があります。

  • 割賦契約48回で購入と同時に新トクするサポートに申し込み(途中からの加入はできません)
    ※一括払いや24回払いで購入した場合も加入できません。
  • 13ヶ月目以降にソフトバンクに購入した端末を返却すること
    ※13ヶ月目~24ヶ月目に特典を適用した場合でも、免除される端末代は24回分までです。26ヶ月目以降に特典を適用した場合は免除される金額は残債分で支払済の端末代は戻ってきません。
    ※返却した端末が故障していたりすると22,000円(不課税)別途追加費用が必要になります。あんしん保証パックなどに加入している場合は減額あり)
  • 旧機種を回収する際、暗証番号ロック解除、オールリセットが行われて、IMEIが確認できること
先生

当初は割引率は50%で分かりやすかったですが、最近はドコモやauと同様、プログラムの最大の割引率は機種により変動する形に変化しています。

新トクするサポートに関する記事を見たい方はこちら

ソフトバンクを利用したくなった人は!

ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料!
他社からの乗り換えならオンラインショップ割で機種代金割引に!

↑目次へ戻る

まとめ

2021年3月17日から始ったメリハリ無制限はソフトバンクのデータ無制限の4G/5Gスマホ向けのプランです。従来のメリハリプランの時と同様にデータをあまり使わない人には自動的に1,650円(税込)の割引が適用されるプランになっています。

「メリハリ無制限」の「4,928円(税抜4,480円)」というのはさまざまな条件をクリアした場合のみ可能な内容です。

店頭や電話での手続き・サポートが必要かどうかで毎月利用するデータ量が3GB以上か20GB以上か変わってきますが、データを多く使う人であればメリハリ無制限の利用がおすすめです。また、家族まとめて契約するような方にとっては特におススメできるプランだと思いますので、ご自身の利用状況と照らし合わせてじっくり検討してみてください。

↓メリハリ無制限について詳しくは
ソフトバンク公式:メリハリ無制限

いかがでしたでしょうか?
また、次回をお楽しみに!

ソフトバンクを利用したくなった人は!

ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料!
他社からの乗り換えならオンラインショップ割で機種代金割引に!

ソフトバンクにMNPするならこちらの携帯ショップもおすすめ

↑目次へ戻る

おすすめの関連記事
LINEMO(ラインモ)徹底解説ミニフィットプラン+徹底解説MNP(乗り換え)の手順と得する携帯ショップの選び方

この記事を書いた人

Ken
Kenスマホの先生2代目運営者
Linklet株式会社が運営しているスマホの先生の二代目管理者。
MNPで何回か携帯会社を変更した経験を持ち(現在はワイモバイル利用者)、各携帯会社の料金プランや携帯・スマホ料金を少しでも抑えつつも快適なデータ通信ができるようにするための情報収集や情報発信をしています。
※旧管理者の記事のリライトなども手掛けています
Kenが利用している通信環境はこちら